車を売る方法

車の売る方法の比較

車の模型を持つ女性
車を売る方法には「買取り」「下取り」「個人売買」など様々な方法があります。それぞれの方法のメリット・デメリットを比較して、お得な売却方法をご紹介します。

下取り

自動車
車の販売店(ディーラー)に古い車を買い取ってもらい、新車の購入資金に充てる方法を下取りといいます。下取りでの売却額は新車の値引き額となるため新車を安く購入できることができます。また古い車の売却と新車の購入を一つのディーラーに一貫して任せることができるため、手続きが早いというメリットもあります。

個人売買

パソコンを操作する女性
ディーラーや車買取専門店を介さずに個人間で車を売買する方法もあります。個人間の売買を仲介する業者やサイトもあるため以前より簡単に個人売買することができます。

車検

車の査定
車を売る前に車検を通しておいた方が良いのか?車検が切れた車でも売れるのか?というのは気になるところだと思います。車検が査定にどう影響するかを説明します。

税金

車とお金
日本は車にかかる税金が非常に高い国で、様々な税金がかかるのはご存じだと思います。そのため車を売買した際の税金の処理も複雑になっています。車にかかる税金の種類、支払うべき税金、戻ってくる税金について説明します。

自動車リサイクル料金

リサイクルマーク
2005年1月に「自動車リサイクル法」が制定されました。自動車リサイクル法は廃車となった自動車の不法投棄・不適正処理を防止することを目的とした法律です。

買い替え

ガレージに駐車する車
車を購入からの期間に応じで買取価格は下がっていきます。買い替えのタイミングは人それぞれですが、タイミングごとに買取価格の傾向があります。

輸入車・高級車・スポーツカー・改造車

外車・輸入車
輸入車、高級車、スポーツカー、改造車の査定額は一般車に比べて低い傾向があります。また売却自体もできない場合があります。このような車をなるべく高く売るための方法をご紹介します。

サブコンテンツ