走行距離とは

走行距離とは、車が今まで走り続けた距離の数字です。車によって、その数字も異なります。

たとえばある車の場合は、今までに走って距離は5万キロだとします。それに対して別の車は、12万キロといった具合です。この5万や12万という数字が、いわゆる走行距離になります。

走行距離は、車買取の価格にも関わってくるのです。一般的には、10万キロが1つの目安になります。10万というのは、かなり走り込んでいる方です。

走行距離が長い車の場合は、そこそこダメージも蓄積していると見なされます。また使用感もありますから、やや買取価格は低めな傾向はあります。

ただし走行距離が長い車でも、高速道路を走っていれば、買取価格があまり下がらない事も多いです。高速道路は舗装状態が良いので、あまり車にダメージが蓄積していないと見なされるからです。



次の記事へ「」 »

« 前の記事へ「

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ