定期点検整備記録簿とは

自動車は、定期的に検査を受ける事になります。その検査の内容は、随時記録されています。車のどの箇所にどのような検査が実施されたかも、全て記録されます。

それで記録された内容は、全て書類に記入される事になります。点検後には、車の持ち主に対してその書類が手渡されます。いわゆる定期点検整備記録簿ですが、検査を受けたい本人が用紙を準備して、所定の業者に作業を行ってもらう事になります。

記録簿からは、さまざまな情報を読み取る事ができます。過去に行われた点検の状況を確認できますし、部品の消耗に関する状況も、全て確認できます。

車の売買をする時には、定期点検整備記録簿をお店に提示する事になります。ですから車の買取手続きをする時にも、その記録簿は必要です。



次の記事へ「」 »

« 前の記事へ「

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ