車買取りの買取り査定額の有効期限はいつまで?

困り顔の男性


車買取り一括査定サイトを利用して出張査定を申し込むと、買取店の担当者が自宅に来て自動車の査定を行い査定金額を出しますが、その査定金額には有効期限が設けられているのが普通です。その有効期限内に売買契約書にサインをしない場合には、査定額は無効になり再査定が必要になります。
※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

買取金額の有効期限はどれくらいか

車買取りの一括査定で決まった査定額には有効期限が設定されています。その期限はたいてい2週間ですが最短で当日という期限を設けている買取店もあります。査定の有効期限が過ぎてから売買契約を締結する場合には、前の査定で算定した査定額は無効となり再査定となります。

同じ買取店で再査定すると査定額が下がる可能性がある

同じ買取店による再査定となった場合には、当然に前に受けた査定額よりも低い金額が出る可能性が高くなります。2週間程度では時間の経過による車両の減価などほとんどないと思われるのですが、再査定の場合にはそういうもっともらしい理由を付けて前の査定よりずいぶん低い査定額となることがあります。

ほとんどの場合、買取店の出張査定の際に買取店が提示した査定額にユーザーが納得がした場合にはその場で売買契約が締結されます。査定額が提示されてから時間が経過してから契約書にサインするケースとしては、やはり別の買取店の査定も受けてその査定額と比較し、もし先に受けた買取店の査定額が高ければ契約したいという心理が働くからでしょう。

複数の買取専門店から査読を受ける場合にはスケジュールに気を付ける

相見積もりは車買取りの一括査定の基本なのでそれは悪いことではありませんが、その場合には最初に受けた買取店の査定額の有効期限が来ないうちに、希望する他のすべての買取店の出張査定を受けることができるようにスケジュールを組む必要があります。なお、査定額にある程度納得がいくのであれば、後からより高い査定額が出てくる可能性があってもある程度割切って契約書にサインをした方がいい場合もあります。

買取店の査定額に有効期限が設定されている理由

ほとんどの買取店はユーザーから買い取った自動車を業者専門のオークションに転売して、落札価格と査定金額の差額から利益を得ていますので、査定時のオークション相場を基準として査定額を算定します。オークション相場は日々変動しているので1か月後には現在とは全く違う相場になっていることもしばしばあります。

ある車種のモデルチェンジ情報が流れた場合には、その車種の現在の最新モデルのオークション市場での相場は急に下がります。USVなどはレジャーシーズンが到来すると相場が上がる傾向があります。通勤や通学に向いているコンパクトカーは就職・入学シーズンである春先に需要が増え相場が上昇する傾向があります。

市場での需要量の増減を受け日々変動するオークション市場の相場は短期間でガラッと変わることがあるので、買取店の方も査定額に有効期限を設定しておかないと、査定の際に予測した落札価格と査定価格の差額によって計算される買取店の利益が確保できないことになります。このことが査定額に有効期限が設けられている理由となります。

査定金額が計算されたのと同じ日に契約書にサインする場合は、買取店は上で述べたオークション相場の変動リスクを回避することができるので、査定額が少し上がる可能性があります。一方で査定額に2週間の有効期限を設定する場合には、買取店はオークション相場の変動リスクを背負うことになりますので、それを反映して査定額が少し下がる可能性があります。

下取り金額の有効期限が長い理由

下取りの場合には査定額に有効期限が設けられることはほとんどありません。下取りは新車が納車された時点で確定するので、あえて言うとすれば下取り査定額の有効期限は新車の納車日までということになります。人気車種であれば下取り車の査定から納車まで3か月から6か月程度かかる場合もありますが、納車が3ヵ月後であろうが6ヵ月後であろうが基本的には、最初に計算した査定額で下取りをしてもらえます。

下取りの有効期限が長い理由としては、下取りの場合自動車を引き取ったディーラーはオークション市場で転売して利益を売ることではなく、新車を売ることに主眼があるのでオークション市場の動向をそれほど気にする必要がないことがあげられます。新車販売からちゃんとした利益が出るのであれば、下取り車からの利益は出ても出なくてもあまり関係がないという感じです。

下取りの場合には査定時点から新車の納車時点まで長い時間があくという傾向があります。ディーラーの方でもそのことを分かっていて、時間の経過による車両の減価分を最初から考慮して査定額を算定します。従って査定額の有効期限が長くてもディーラーは困ることはありません。このこともディーラーの査定額の有効期限が長くなることの理由の1つとしてあげられます。

下取りの査定額は下取り車の中古車市場での評価額ではなく、新車の値引き額として決まるケースもあります。そういった意味ではディーラーが下取りの際に出す査定額は、車買取り一括査定サイトの査定額よりも非常にあいまいであるということができます。ディーラーの査定額は基本的には新車の値引額の調整額であり非常にあいまいなものになります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ