事故車の買い換えと修理、どちらがお得?

車の査定

交通事故で自動車を破損してしまった場合、破損した自動車を修理して乗り続けるか、新しい自動車に買い換えるかの判断に迫られることになります。その際の基準を知っておくと、いざというときに役立ちますので、以下では、事故車の買い換えと修理はどちらがお得かについて解説します。

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

交通事故を起こし自動車が破損してしまったら

交通事故を起こし自動車を破損してしまった場合、まず、修理費の見積もりを行わなくてはなりません。この見積もりは、ホームセンターで修理部品を購入して、それらを利用してユーザーがご自身で修理できるような軽微な事故であれば、ご自身で見積可能です。

しかし、業者に修理を依頼することが必要なくらい比較的大きな事故の場合には、ご自身で見積もりを取ることが不可能ですので、その場合には修理工場などに見積もりの依頼を出します。

なお、事故車の任意保険に車両保険を附帯させていて場合には、保険会社に事故を報告して、保険会社に見積もりを依頼する方法もあります。ただし、保険会社に自動車の修理を依頼する場合には、注意すべき点があります。

保険会社に修理の見積もりを依頼する場合の注意点について

自動車事故の修理を保険会社に依頼すると、修理代金が車両保険の補償上限金額の範囲内であれば、修理代金の全額を保険会社が負担し、ユーザーは修理費用を負担しません。保険会社は、特定の自動車修理工場を提携をしていますが、その理由により、それらの指定工場が出す修理の見積もりは高額になる傾向があります。

自腹で修理すれば、数千円程度の出費で済むようなボディの微小な傷のような修理でも、10万円近くの修理費が見積もられるのはあたりまえとなっています。一般的に、保険会社の修理の見積もりは高額になる傾向があるので、注意が必要です。

なお、保険会社で出す修理費の見積もりが高すぎると感じた場合には、ユーザー自身が普通の自動車工場に見積もりを依頼してみる方法が有効です。事故車の修理価格は、事故車を修理して乗り続けるか、それとも買い換えるかの判断に重要な影響を与えます。よって、その金額はできるだけ正確なものである必要があります。

車両保険の保険金は事故車の時価を超えることはない

車とお金


自動車事故を起こしてしまった場合、自動車保険に加入していれば、修理代金は原則として保険会社から支払われます。しかし、保険会社から支払われる保険金額には上限があります。

その上限は、事故車の中古車市場での時価です。この時価は、事故を起こした自動車と年式、型式等が同程度の中古車を中古車市場で購入した場合、どれくらいの値段で購入できるかを表示する数値となります。

事故車の修理費が時価を超える場合には、事故車を修理するよりも、事故車と同程度の中古車を中古車販売業者から購入した方がお得になります。よって、その場合には、保険会社では、事故車の修理費ではなく、事故車の買い換え費用を補償金として支払います。

なお、事故車の修理費がその時価を下回る場合には、原則どおり、修理費相当額が保険会社から支払われます。修理工場での修理が必要な事故のうち、比較的軽微な事故がこれに該当します。

車両保険の保険金が事故車の時価を超えない理由

保険会社から事故車に支払われる補償金が事故車の時価を超えない理由は次のとおりです。

たとえば、事故車の時価を超える修理補償金が支払われるとすると、ユーザーの中には、わざと大きな事故を起こして保有自動車の時価以上の修理補償金を得ようとする者が現れます。

時価以上の修理補償金を手に入れることができれば、その補償金で、事故を起こした車両よりもグレードの高い自動車を中古車市場で購入できることになります。よって、時価以上の補償金の支払いがある場合には、一部のユーザーが保険金目当てにわざと大きな事故を発生させる可能性を否定できなくなります。

そこで、修理補償金は事故車の時価を上限とすることになっています。この方法だと、事故を起こしたユーザーが、修理補償金で自動車を買い換えた場合でも、そのユーザーは事故車の事故直前の状態と同程度の中古車しか購入できませんから、保険事故によってユーザーが不当な利益を得ることは防止できます。

事故車を修理するか、買い換えるかの判断基準

事故車を修理するか、買い換えるかを判断する場合には、まず、修理の見積もりを取ります。この場合、できれば、保険会社の見積もりとユーザー自身の見積もりの双方を取っておけば完璧です。ただし、保険会社の見積もりが信頼できる場合であれば、保険会社の見積もりだけで大丈夫です。

次に、事故車の時価を調べます。事故車の時価も、保険会社に事故車の年式や型式、修理状況等を報告すれば、保険会社から教えてもらうことができます。また、インターネットでは、中古車の見積もりサイトが複数ありますから、こういったサイトを利用して時価を調べる方法もあります。

事故車の修理費とその時価が分かったらその双方を比較します。修理か買い換えかの判断基準は次のとおりです。

  • 修理費が時価を上回る場合 → 事故車の買い替えがお得
  • 時価が修理費を上回る場合 → 修理した方がお得

事故車の修理と買い換えの判断基準にはお金以外の要素もある

車を物色する男性

ただし、事故車を修理するか、買い換えるかの判断は、金銭以外の要素も考慮する必要があります。たとえば、ユーザーが事故車に強い愛着がある場合には、修理費用が時価を上回っても、保険会社から支払われる時価相当額の保険金に、自らのお金を足して費用を捻出し、事故車を修理しても乗り続けるという選択も合理的です。

反対に、事故車(修復歴車)に安全面に不安を感じる人は、たとえ修理費用が時価を下回る場合でも、保険会社から支払われる修理費用相当額に自らのお金を加算してでも、買い換えたいと考えることもあるでしょう。

事故車を修理するか、買い換えるかの判断については、金銭的な基準を参考にしつつも、事故車に対する愛着や事故車を乗り続けることの安全性についての考え方等、金銭以外の判断基準も配慮しつつ、決めなくてはなりません。

なお、保険会社から修理費として受け取った金銭は、必ず修理費として使用しなくてはならないということはありません。保険会社では保険金の用途までは指示はしませんから、修理費に自分のお金を加算して、事故車を買い換えることはもちろん可能です。

修理してからの売却は損だからやめましょう

事故車(修復歴車)は、自動車市場での評価は下がります。よって、事故車を修理して乗り続ける場合には、その自動車を買い換える時の下取り価格や中古車買取業者での買取価格が低くなることを理解しておかなくてはなりません。

事故車買取専門の事業者に買取を依頼する場合は別として、事故車を修理して乗り続けた後に、買い替えのために事故車を手放す場合には、その対価として入手できるお金は非常に少ないものになることを覚悟しなくてはなりません。

また、事故車に対応に関して最悪なのは、事故車を修理して売却するという選択です。事故車になると、市場での価値は急に下がりますから、わざわざお金をかけて修理しても、二束三文の値段しかつきません。

修理してから売却するつもりであれば、修理をせずに売却した方がずっとお得です。現在では、パーツや素材に強力な販売ルートを持っていてたり、事故車でも高い評価を行う発展途上国に販売ルートを持つ事故車専門の買取業者も複数存在しています。そういった業者に依頼すれば、事故車でもよい値で買い取ってもらえます。

事故車は修理して売却しなければならないという誤解について

事故車は査定が低くなるので、事故車を売却する場合には修理をしてから売却しなくてはならないと考えておられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これは誤解です。事故車を売却する場合には、修理をせずにそのまま売却するのが基本です。

事故車を修理して売却した場合、修理した事故車に、事故車の修理前の価格に修理代金を加算した金額以上の値が付くことはほとんどありません。よって、修理して売却しても修理代金を回収できませんので、修理して売却した方が損をすることになります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ