未払いローンが残っている車を売る方法

車とお金

ローンを組んで自動車を購入される方も多いと思いますが、それは、ローンの返済途中で、車の乗り換えのために、車の売ることが必要になる方も多くなることを意味します。では、ローンが残っている車の買取はどうやって行うのでしょうか?

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

ローンが残っている車でも買取してもらえるか

ローンが残っている自動車は、自動車の所有権がローン会社またはディーラーとなっています。自動車の所有者が自動車ユーザーでない場合、勝手に、ユーザーが自動車を売却できません。したがって、ローンが残っている自動車は、買い取ってもらえないのが原則です。

しかし、ローンが残っている自動車でも、所有権解除という手続きを行えば、買取店に売却することができます。所有権解除とは、ローンを完済するまたはローンを組みなおすことによって、自動車の所有権をローン会社等から自動車ユーザーに変更する手続きです。

ローンが残っている自動車は、買い取ってもらえないのが原則ですが、所有権解除の手続きを行った場合には、例外的に、買い取ってもらうことができます。

ローンが残っている車を売る方法

車の模型と電卓とお札


ローンが残っている車を売るためには、所有権解除の手続きが必要です。所有権解除とは、ローン会社やディーラーとなっている車の名義を、車を売ろうとするユーザー名義に変更する手続きのことをいいます。

所有権解除の方法としては、売却しようとする時点で、ローンの残債務を一括で返済するのが一番単純明快な方法です。

資金に余裕のない場合には、残債務の一括返済は困難が伴います。その場合は、車の所有権者であるローン会社などと交渉します。たとえば、ローンの残債務について新たにローンを組むことを条件に、所有権解除を認めさせるような話し合いを行います。

車の買取価格がローンの残債務を上回る場合

車の買取価格がローンの残債務を上回る場合には、車の売却代金でローンの残債務を返済することが可能なので、それを条件にローン会社等に所有権解除を認めるように交渉する方法もあります。

これが認められれば、手元に余裕資金がなくても、所有権解除を行って、ローンのある車を買い取ってもらうことが可能です。

車の買取価格がローンの残債務を下回る場合

車の買取価格がローンの残債務を下回る場合には、車の売却代金でローンの残債務を返済しても、返済しきれない債務が残ります。この債務を、一括で返済できれば良いのですが、それができないと、ローン会社等が所有権解除に応じず、車の売却ができない場合もあります。

そのケースでは、売買代金で支払いきれなかったローンについて、新たなローンを組むことなどを条件として、ローン会社と交渉し、ローン会社に所有権解除を認めさせる必要があります。

ローン会社等が所有権解除を認めた場合には、車の買取価格がローンの残債務を下回り、手元に資金がない場合でも、車を買い取ってもらうことができます。

所有者名義が本人または家族名義の場合の手続き

ローンの残っている自動車を売る場合、売ろうとする自動車の名義が本人名義である場合には、特に問題なく車を売ることができます。ただし、車を売却してもローンはそのまま残りますのでローンの返済は続きます。ローンが残るということ以外はローンのない車を売る場合と手続きは同じです。

売ろうとする車が家族名義である場合には多少複雑になります。車の売主は本人ではなく家族になるわけですから手続きには家族の委任状が必要になります。ただし、実質的な車の所有者は本人であるが形式的に家族が名義人となっている場合には、名義人となっている家族が反対することも少ないと思いますので、この場合も車の売却の手続きがそれほど難しくなるということはありません。

ローン会社やクレジット会社名義となっている場合の手続き

ローン会社やクレジット会社名義となっている車を売る場合には所有権解除の手続きが必要になります。この手続きはローン会社やクレジット会社からユーザーである売主に車の名義を直すものです。所有権解除を行うためにはローンの残債務を一括で返済するか再び新しいローンを組むことが必要です。

買取店の中にはローンが残っている車を買い取る場合に、売主に代わってローン会社にローンの残債務を一括して支払ってくれるサービスを提供しているところがあります。車を売るために所有権解除の手続きが必要な場合には、買取店が提供するこのローンの肩代わりサービスを利用することが便利です。

車を売るために必要な書類について

車を売るために必要な書類を表示すると以下のとおりとなります。自動車を売る際には以下の書類などを手元に用意しておく必要があります。

  • 自動車車検証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 代金の振込先口座情報
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 委任状

このうち譲渡証明書と委任状については買取店の方で用意してきます。その他車検証・自賠責証書・納税証明書・リサイクル券などは普段から車に保管していると思います。したがって、自動車を売る際にユーザーの方で取り寄せる必要があるものは印鑑証明書だけということになります。もちろん、自賠責証書や納税証明書を紛失した場合には売却時までその再発行手続きを済ませておく必要があります。

本人が所有権のない車を勝手に売るとどうなる

車の売買の際、買主は必ず車検証で車の所有者を確認しますから本人が所有権のない車を売ることはまず不可能です。ただし、車検証が偽造されているような場合には例外的に本人に所有権の車を売ることができますが、これは詐欺となりますので発覚すれば警察に逮捕されます。

車検証を偽造して他人名義の車を勝手に売った場合、売った車の次の車検の時に本当の所有者が手続きをする際に車検証の名義がいつの間にか別人となっていますので、そこで発覚します。

もっとも、買取店に他人名義の車を勝手に売った場合には買取店が車を引き取りに来た時点で本当の所有者が

本当の所有者
なんで人の自動車を勝手に持っていくんだ

と騒ぎになって、そこで発覚するのが普通です。

ローン残債務の精算に精通している買取店を選ぶ必要性

ローンの残債務がある車を専門にしている買取店はありません。しかし、ローンの残債務のある車の買い取り実績が豊富だとか、所有権解除の手続きに精通しているだとか、買取時点でのローン残債務の精算クレジットサービスを提供している買取店はあります。

ローンのある車を売却する場合には、ローン残債務を清算して所有権解除を行う必要がありますから、その手続きに精通している買取店を選んだ方が、スムーズな買取が期待できます。

買取店がローンの残債務がある車の買取に精通しているかどうかは、査定を申し込むときに、ローンの残債務のお話をし、その時の相手方の対応を見ることである程度分かります。この点については、大手の買取店の方が、中小の買取店よりも充実している傾向があります。

特に、手元資金に余裕がなく、かつ、買取査定額がローン残債務を下回る場合には、その差額について新たにローンを組まないと車が売れないことになるので、その場合には、ローンの残債務の精算等に精通している買取店を選ぶ必要性がより重要となります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
大手を含む200社以上から厳選10社に一括査定依頼可能
ズバット車買取比較

ズバット車買取比較はインターネットを活用した車の一括査定のカテゴリーを創設した、この分野のパイオニア的な存在です。運用実績が14年間で利用者が約150万人と素晴らしく、業界内では強力なネームバリューを維持しています。査定前に査定依頼を出す業者を選択することも可能です。
詳細はこちら 無料査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
かんたん車査定ガイド
査定後の電話ラッシュよさらば!連絡手段はメールのみを選択可能

査定後のしつこい電話ラッシュから解放されたい方には「かんたん車査定ガイド」!連絡手段をメールのみに選択できるオプションがあるため電話が苦手な方にオススメです。入力項目数も少なく手軽に申し込むことができるため、とりあえず大まかな査定額を知りたい方にも向いています。
詳細はこちら かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
ユーカーパック
独自システムで2,000社以上が公開入札!連絡はユーカーパック1社だけ

ユーカーパックは1度だけ査定を受けたら、その査定情報が2,000社以上の業者に公開され、業者が入札していくという独自システムを取っています。依頼者と多数の買取業者との間にユーカーパックが仲介しているため、査定や電話のやり取りはユーカーパック1社と行うだけです。 複数の業者から営業電話が来ることもなく、多数の買取業者に査定額を付けてもらえるため依頼者にとってメリットの大きい仕組みになっています。
詳細はこちら ユーカーパックの査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ