車の売却契約後にキャンセルは可能か?

苦悩するビジネスマン

車の買取のために売却契約書にサインをしたけれども、その後気が変わってしまった。あるいは、より有利な条件で車を売ることができる買取店が見つかったために、契約をキャンセルしたいという場合は結構あります。では、実際、車の売却契約後にキャンセルすることは可能なのでしょうか?

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

契約をキャンセルするタイミング

車の売却契約後にキャンセル可能かどうかは、契約締結後、どれくらいしてからキャンセルを申し込むかによって異なってきます。一般的な自動車買取の流れはこのようになっています。

  1. 買い取り店に車の買取を依頼して査定を行う
  2. 査定額を双方が承諾する
  3. 契約書にサインをして売却契約成立
  4. 車を買取店に渡す
  5. 買取店が査定に誤りがないかの点検を行う
  6. 他店への再販売やオークション出品のために、買取店から運び出される

上記の流れのうち、どの段階でキャンセルを申し込むかによって、キャンセルが可能かどうかということは変わってきます。

売買契約書にサインした直後

売買契約書にサインした直後で、車が買取店に引き取られる前にキャンセルを申し込んだ場合には、原則として、無料でキャンセル可能です。また、買取店に引き取られても、売った車がまだ買取店にあるうちは、ほとんどの場合、キャンセルは可能です。ただし、この場合には、陸送費や点検に入っていた場合の点検費用相当額のキャンセル料が取られます。

車が再販売のために他店へ渡ってしまった場合

一方、契約締結から時間が経過し、買取店が買い取った自動車を再販売のために他店へ引き渡してしまった場合には、もうキャンセルはできません。また、仮に、車が買取店内にあったとしても、他店との再販売の手続きに入っている場合には、キャンセルはムリと考えたほうが良いでしょう。

オークションに出品するために、買取店を離れている場合も同様にキャンセルは非常に難しくなります。

車引取後2日以内程度であればキャンセルが可能なことが多い

Car insurance

多くの買取店は、他店へ再販売したりオークションに出品するために買取店を離れる前であれば、買取契約のキャンセルに応じてくれます。オークション出品のために車が買取店を離れるのは、車の引取の翌日又は翌々日となりますから、このことから、キャンセルができるのは、車引取後2日以内程度ということになります。

ただし、買取店によっては、契約後のキャンセルを絶対認めないところもありますし、キャンセルを認める買取店でも、自動車の引取り後、何日以内ならキャンセルできるということについては、買取店ごとにそれぞれ異なります。なかには、キャンセル料を請求する買取店もあります。

買取契約書に、契約後のキャンセル条件が記載されていることも多いので、買取契約の際に、その条件をよく確認しておきます。契約書に契約後のキャンセルに関する記載がない場合には、買取店の担当者に、契約のキャンセルについて確認しておく必要があります。

キャンセル料の相場は

キャンセル料の相場は車両本体価格の10%程度だと言われています。例えば買取店に売却した自動車の価格が50万円とした場合、そのキャンセル料の相場は約5万円程度ということになります。ほとんどの買取店は買い取った自動車を中古車オークションなどで再販売して利鞘を稼ぎます。

買取店は買い取った自動車を買取りから3日以内にオークション会場に搬出します。買取店が買い取った車をオークション会場に向けて搬出する前に売買契約を解約した場合には、キャンセル料は発生しないか非常に少ない金額となります。よって、キャンセルをする場合には、売買契約が成立してからできるだけ早い段階でそれを行えばキャンセルによる損失を必要最小限度に抑えることができます。

車の売却時に契約書をよく確認すること

車の買取契約を締結するには、買取契約書にサインをします。その際、その契約書には、キャンセルに関する条項が記載されているのが普通です。

たとえば、キャンセルの場合には、「売買代金の10%のキャンセル料の支払いが必要です」だとか、「契約締結後、●日を経過した場合にはキャンセルはできません」などという条項がこれに当たります。

売買契約後にキャンセルをする場合には、基本的には、契約書のキャンセル条項にしたがって手続きを行うことになりますので、契約書にサインをする際、その条項はよく確認しておく必要があります。

他社が高いからという理由でのキャンセルはトラブルのもの

一度車買取の契約書にサインした後に、より高額で車を買い取ってくれる別の買取店が見つかることはよくあります。その場合、一度サインした契約をキャンセルしてより高い査定額を提示した買取店と売買契約を締結したいと誰もが思うはずです。しかし、そういう理由で売買契約をキャンセルする場合には間違いなくキャンセル料が徴収されます。場合によっては先に契約した買取店がキャンセルに応じないこともあります。

他車が高いという理由で契約をキャンセルしてトラブルに巻き込まれることを避けるためには、契約書にサインするまでに慎重に車の売却先の買取店を選ぶことが大切です。5社~10社程度の同時一括出張査定を行えば、後からより高い査定額を提示する買取店が出てくる可能性が非常に少なくなりますから、このようなトラブルに巻き込まれることを防ぐためにはこの方法を活用するのが良いでしょう。

車の売買契約にクーリング・オフは適用されない

クーリング・オフとは、契約の締結後、一定期間(8日又は20日)以内であれば、無条件に契約の解除を認めるという制度です。

中古自動車の買取にこのクーリング・オフの制度が適用される場合には、車を売っても、一定期間内であれば、無条件にキャンセルができるので、売主としては、買取店と、気軽に車を売る契約を結ぶことができます。

しかし、クーリング・オフが適用される契約は、訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引(マルチ商法)等に関する一定の契約に限定され、残念ながら、中古自動車の買取契約はこれに該当しません。

中古自動車を売る場合には、契約直後を除いては契約のキャンセルができないのが原則ですので、契約の際には、査定額や契約条件等を十分に吟味したうえで、契約後にキャンセルをする必要性が絶対ないことを確認してから、契約書にサインする必要があります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
カーセンサー.net
1,000社の買取業者を漏れなく比較したいあなたに

カーセンサーnetは1,000社以上の車買取り業者と提携している業界最大手の一括査定サイトです。同時査定業者数も30社と他の一括査定サイトと比較して最も多く、数多くの買取業者を比較して最も高い査定額を付ける業者を探したい人にオススメです!
詳細はこちら カーセンサーの一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
かんたん車査定ガイド
査定後の電話ラッシュよさらば!連絡手段はメールのみを選択可能

査定後のしつこい電話ラッシュから解放されたい方には「かんたん車査定ガイド」!連絡手段をメールのみに選択できるオプションがあるため電話が苦手な方にオススメです。入力項目数も少なく手軽に申し込むことができるため、とりあえず大まかな査定額を知りたい方にも向いています。
詳細はこちら かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
ユーカーパック
独自システムで2,000社以上が公開入札!連絡はユーカーパック1社だけ

ユーカーパックは1度だけ査定を受けたら、その査定情報が2,000社以上の業者に公開され、業者が入札していくという独自システムを取っています。依頼者と多数の買取業者との間にユーカーパックが仲介しているため、査定や電話のやり取りはユーカーパック1社と行うだけです。 複数の業者から営業電話が来ることもなく、多数の買取業者に査定額を付けてもらえるため依頼者にとってメリットの大きい仕組みになっています。
詳細はこちら ユーカーパックの査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ