車買取りで愛車を売る際に必要な書類とは?

書類と印鑑

車を売る際には、さまざまな書面を用意する必要がありますが、それらの書面が用意できないと、車を売ることができません。よって、書面が揃っていない場合には、車を売る時までに、再交付の手続きを済ませるなどして、書面を揃えておく必要があります。

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

車買取で愛車を売る場合に必要となる書類

車買取で愛車を売る場合に必要となる書類は以下のとおりです。

  • 印鑑登録証明書(実印)
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書

印鑑登録証明書(実印)

自動車を売る際に必要となる書面のほとんどは、ユーザーから買取店に自動車名義を変更する手続きに必要となる書面です。そして、それらの書面には、原則として、ユーザーの実印を押印することが必要です。

実印を押印した場合には、その実印が間違いなく本人の実印であることを証明するために、印鑑登録証明書を添付します。車を売る場合には、まず、実印と印鑑登録証明書を用意しなくてはなりません。

車を売る時点で、実印を登録していない場合には、実印となる印鑑を定めた上で、それを住所地の市区町村役場に提出して印鑑登録を行う必要があります。実印登録が済んでいる場合には、住所地の市区町村役場の窓口で手数料(200円~300円)を支払えば、印鑑登録証明書の交付を受けることができます。

自動車税納税証明書

ユーザーから買取店への名義変更の際に、ユーザーの自動車税納税証明書が必要になりますので、この書面も、車を売る際に必要な書面となります。金融機関等で自動車税を支払うと、領収済のハンコを押した書面を返してくれますが、これが自動車税納税証明書となります。

車を売る時点で、自動車税納税証明書を紛失している場合には、都道府県の税務事務所等で再発行の手続きを行い、証明書の再交付を受けておく必要があります。また、車を売る時点で、自動車税が未納となっている場合には、売却までに滞納分の自動車税の全額を支払って、証明書の交付を受けておく必要があります。

証明書の紛失にせよ、自動車税の滞納にせよ、自動車税納税証明書が用意できない場合には、車を売ることができませんので、注意が必要です。

自賠責保険証

車検の有効期間が残っている車を売る場合には、自賠責保険証も必要になります。自賠責保険証がないと、前の車検が通りませんから、自賠責保険に入っていないということはないでしょうが、自賠責保険証を紛失してしまい、手元にそれがないという場合もあります。

そのような場合には、車を売るときまで、保険会社に手続きをして、自賠責保険証の再交付を受けておきます。

自動車リサイクル券

自動車リサイクル券は、自動車リサイクル法に基づいて、車を廃車にするときのリサイクル料金が払い込まれていることを証明する書面ですが、この自動車リサイクル券も、車を売る時に必要となる書面となります。

車を売る時点で自動車リサイクル券を喪失している場合もありますが、その場合には、自動車リサイクルシステムのウェブサイトから、車検証にある自動車区分、登録番号、車体番号等を入力すると、その車両のリサイクル料金の預託状況が表示されますので、それを印刷したものが、自動車リサイクル券の代わりになります。

委任状

車を売った後、自動車名義をユーザーから買取店に直す手続きは、買取店が行うのが普通ですが、その為には、ユーザーの実印を押印した委任状を作成する必要があります。

ほとんどの場合、この委任状は、買取店が持参してくるので、車を売るユーザーは、買取店が用意した委任状に、日付、住所、氏名を記入し、実印を押印し、印鑑登録証明書を添えるだけで済みます。

譲渡証明書

譲渡証明書は、ユーザーから買取店に自動車名義を変更する際に、運輸支局に提出する書面となります。この譲渡証明書も、買取店が用意してくるのが普通なので、車を売るユーザーは、買取店が用意した譲渡証明書に、住所、氏名を記入し、実印を押印するだけで大丈夫です。

普通自動車を売る場合の必要書類

普通自動車を売る場合の必要書類は以下のとおりです。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • リサイクル預託券

買取店に車を売る場合には譲渡証明書、委任状、変更登録申請書は買取店の担当者が用意してきますから、ユーザーの方で用意する必要はありません。しかし、個人売買などでユーザー自らが売買手続きを行う場合には、この3種類の書面を追加でそろえる必要があります。

リサイクル預託券については紛失しているケースも多いと思われますが、リサイクル預託券を紛失している場合には、自動車リサイクルシステムのホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトしたものをリサイクル預託券の代わりとして利用することができます。

軽自動車を売る場合の必要書類

軽自動車を売る場合に必要書類は以下のとおりです。なお、リサイクル預託券を紛失している場合には「自動車リサイクル料金の預託状況」で代用できる点は普通自動車と同じです。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 軽自動車税納税証明書
  • 身分証明書
  • 印鑑(認印可)
  • リサイクル預託券

軽自動車を売る際に必要になる書面の大きな特徴は印鑑が認印でOKなため、印鑑証明書が不要なことです。手続きに使う印鑑が実印だといろいろ面倒なのですが、軽自動車の売却手続きは認印でできるのでその意味では軽自動車の手続きは簡単です。買取店に車を売る場合には上記の書面だけ集めれば十分ですが、車を売る手続きを自分で行う場合には、この他、自動車検査証記入申請書を追加でそろえる必要があります。

車を売る際に必要となる特殊な書面について

車のイメージ


ローンが残っている車を売る際には、車の名義がローン会社となっていることがあります。この場合には、所有権解除といって、車を売る前に、車の名義をローン会社からユーザー名義に変更する手続きが必要になります。

所有権解除が必要になる場合には、車を売る際に、上記の書面の他、別途、ローン会社の譲渡証明書等を用意することになります。

また、車を売る際に、車検証にあるユーザーの住所と、ユーザーの現在の住所(印鑑登録証上の住所)が異なる場合には、住所の変更があったことを証明できる住民票写等の書面も必要になります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ