車を売るには印鑑証明書が必要か?

fotolia_101264694_xs

車を売るためには、さまざまな書面に印鑑を押印しなくてはなりません。では、それらの書面に押印する印鑑は、認印でよいのでしょうか、それとも、実印で押印し、その印鑑証明書を付ける必要があるのでしょうか。

車を売る場合には印鑑証明書が必要となる

車を売る場合には、必ず印鑑証明書が必要となります。それは、車を売ると、車の名義をユーザーから買取店に変更する必要がありますが、その手続きをするために、印鑑証明書が必ず必要になるからです。

車は、最低でも5万円以上、高級車となれば、数百万円もの価格が付く貴重品です。よって、売買等によって登録名義を変える場合には、名義変更によって名義人でなくなるものが、間違いなく車を手放す意思があることを確認するために、その者に、名義変更に関する書面に実印を押印させ、同時に印鑑証明書も添付させます。

車を売る際に実印と印鑑証明書の用意ができないという場合には、車を売ることはできません。単純に、実印をなくしただとか、印鑑証明書を取り忘れたということであれば、後日、それらを用意することを条件として、買取店に車を買い取ってもらうことができます。

しかし、名義変更関係書面に実印を押印することを拒否したり、買取店に印鑑証明書を渡すことを拒否するような場合には、買取店では車の買取を断ってきますので、注意が必要です。

印鑑証明書が必要になる書面

車を売る際に、実印を押印する必要がある書面には、譲渡証明書と委任状の2つの書面があります。譲渡証明書は、車を買い取った買取店が陸運局で車の名義変更手続きを行う際に、陸運局に提出する書面です。

一方、委任状は、ユーザーが買取店に対して、名義変更の手続きを委任しますという意思を表示した書面となります。

本来であれば、車の名義変更手続きは、変更手続きによって車の名義人でなくなる者(ユーザー)と、名義変更手続きによって新たに車の名義人となる者(買取店)の双方が陸運局の窓口に出向いて行うことになっています。

しかし、実務上は、ユーザーが名義変更手続きのために陸運局に出向くことはなく、ユーザーが実印を押印した委任状を買取店に手渡し、その委任状を買取店が持参して、名義変更の手続きを行うケースが大半です。

譲渡証明書も委任状もユーザーの実印を押印することが義務付けられていますが、実印を押印するということは印鑑証明書の用意が必要だということを意味しますので、これらの書面は、印鑑証明書が必要な書面であると言えます。

譲渡証明書や委任状は買取店が用意するので心配ない

車の買取に際して譲渡証明書や委任状が必要だからといって、ユーザーが自分でそれらの書面を用意する必要はありません。車を売る際には、買取店がそれらの書面を用意してきますから、ユーザーは、買取店が用意してきた書面に、住所や氏名等を記入し、実印を押印し、印鑑証明書を手渡すだけで構いません。

印鑑証明書の交付

印鑑証明書は、住所地の市区町村役場で印鑑登録を行わないと取得することができません。車を売る時までに印鑑登録を行っている場合には、運転免許証などの身分証明書を持参して、住所地の市区町村役場の窓口で申し込めば、印鑑証明書の交付を受けることができます。

一方、車を売る時点でまだ印鑑登録を行っていない場合には、売買契約を締結するまでに、実印となる印鑑を定めて、市区町村役場で印鑑登録を行う必要があります。登録印(実印)については、ゴム印等の変形しやすい印鑑や、極端に小さい又は極端に大きいなどの規格外の印鑑等を除いて、たいていの印鑑は登録を受けることができます。

印鑑証明書の有効期限

車の名義変更手続きのために陸運局に提出する印鑑証明書は発行後3か月以内のものに限られます。車を売る前から保有していた印鑑証明書がある場合には、発行後3か月以内であれば、それを買取店に提出することも可能です。

買取店によっては、発行後3か月以内の印鑑証明書でも、1週間や2週間以内に3か月の期限が来るような古い印鑑証明書である場合には、その受取を拒否して、新しい印鑑証明書を取ってくださいといってくることがあります。

印鑑証明書が2枚必要になる場合について

買取店が買取自動車を廃車にする場合には、未経過分の自動車税があれば、ユーザーが、その還付金を受けることができます。ただし、買取金額にこの未経過自動車税の還付金額が含まれている場合には、この還付金を受け取る権利は、ユーザーではなく買取店にあります。

この場合には、還付委任状を作成し、ユーザーに代わって買取店が未経過自動車税の還付金を受け取ることになります。この還付委任状には、ユーザーが実印を押印し、その印鑑証明書を添える必要があります。

廃車になる車を売る場合で、買取店が未経過分の自動車税の還付金を受け取ることになっている場合には、譲渡契約書や委任状のための印鑑証明書の他に、還付委任状のための印鑑証明書も必要になるため、車を売る手続きのために印鑑証明書が2通必要になります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ