乗らない車は廃車か売却か?それぞれ比較してみました

fotolia_80058443_xs

乗らなくなった車を処分する方法としては、廃車と売却の2つの方法があります。この2つの方法のメリット・デメリットなどを比較して、どちらがより良い方法なのかについて解説します。

廃車と売却はどっちが良い?

廃車と売却の2つの方法のうち、どちらが良いかですが、ズバリ、売却の方が良いです。

なぜならば、廃車の場合、廃車手数料として、普通車の場合には約2万円、中古自動車の場合には約7千円~8千円程度の手数料がかかります。一方、売却の場合、仮にゼロ査定だったとしても、廃車に必要な7千円~2万円程度の手数料がかかりませんから、その分、得をすることができます。

また、実際の買取となると、仮にゼロ査定であったとしても、1万円~2万円程度のお礼が支給されることが多いので、小遣い程度の稼ぎになります。また、廃車の場合には、自分で解体業者を探し、その解体業者に自動車を持ち込んで解体してもらい、さらに、解体業者から発行される解体証明書を持って陸運局に出向いて廃車手続きを行うなど、面倒な手続きを自分で行わなくてはなりません。

一方、買取の場合には、買取店が依頼した自動車運送業者がレッカー車で自動車を自宅から運び出してくれますので、廃車にかかる面倒な手続が不要となります。こられのことを考えた場合、乗らない自動車は廃車ではなく売却で処分した方がお得なのは明白です。

廃車寸前の自動車でも売れるか

買取店の中では、廃車寸前の自動車からでも十分な利益を上げることができるものがあります。たとえば、中古自動車部品市場に強力な販売ルートをもっている買取店だと、買い取った自動車から上手に部品を取り出して、それを高く部品市場で販売して利益を得ることができます。

また、日本車を高く評価している発展途上国に販売ルートを持っている買取店だと、廃車寸前の中古車でも、海外で高く販売することが可能で、そういった買取店は、廃車寸前の自動車でも喜んで買い取ります。

なお、こういった買取店が、必ずしも、買取依頼者の近所に店を構えているわけではありませんが、インターネットの一括査定サイトを活用すれば、遠方に所在する買取店とも、容易に買取交渉を行うことができます。近所の小規模な買取店では、廃車寸前の自動車を上手に活用するノウハウを持っていることが少ないため、廃車寸前の自動車の買い取りを断るケースもあります。

しかし、インターネットを活用して全国規模で買取先を探す場合には、必ず、廃車寸前の自動車を上手に活用するノウハウを持っている買取店を発見できるので、廃車寸前だからといって自動車の買取先が見つからないということは、まず考えられません。

廃車と売却のメリット・デメリット

乗らなくなった自動車を廃車にするメリットは、ほとんどないといってよいでしょう。一方、廃車のデメリットとしては、お金はかかることと、手間暇はかかることがあげられます。次に、売却のメリットとしては、まず、廃車にかかる費用が不要になること、そして、運よく査定額が付けば、収入が得られることがあげられます。

また、売却の場合には、乗らなくなった自動車は買取店が依頼したレッカー車が引き取ってくれますので、手間がかかりません。さらに、廃車手続きも、原則として、買取店が用意した書面に印鑑を押すだけという非常に簡単なものになりますので、大変楽です。

一方、売却のデメリットとしては、買取店の査定士を自宅などに呼んで査定を受ける必要がありますので、その手間が面倒だという点があげられます。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ