ディーラーと買取専門店、車を売るならどっちがお得?

自動車

車を買い替える場合に、古い車をディーラーに下取りに出したほうがよいか、それとも、買取専門店に売った方がよいかは、よく迷うところです。ディーラーに下取りに出す場合には、ディーラーの値引トリックに注意しなくてはなりません。

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

ディーラーより買取専門店の方が高く買ってくれる

ディーラーは、買い取った中古車を自分の店舗で販売するのが原則です。よって、販路が狭く、その店舗で高く売れる車種が限定されているため、一般的に言って、買取店と比較して、査定額が安くなる傾向があります。

買取専門店の場合、買い取った中古車を、多数の中古車販売店が参加するオークションに出品します。オークションでは、多種多様な買い手がいるために、車を高値で買う買主が見つかりやすく、そのことを反映して、一般的に言って、ディーラーと比較して、査定額が高くなる傾向があります。

車を売って出来るだけ多くの利益を得たい思う場合には、ディーラーよりも買取専門店に車を売った方がよいでしょう。

高額査定を引き出すコツ

高額査定を引き出す最も簡単な方法は複数の買取店の出張同時査定を受け、そのうちで最も高い査定額を付けた買取店に自動車を売ることです。買取店には様々な特徴があります。外車が得意な買取店、SUVミニバンが得意な買取店、廃車寸前の自動車や事故車でも高額買取が可能な買取店等がありますが、個別に買取店に当たっていたのでは自分が売ろうとする車を高く買ってくれる買取店に出会うことは困難です。

複数の買取店の出張同時査定を受ければ、参加した買取店の中に、自分が売ろうとする車を得意分野としているために高額で買い取ってもよいという買取店が含まれる確率が高くなります。そうするとその買取店に車を売れば当然に高い価格で車を売ることができます。複数の買取店の出張同時査定を受けることが高額査定を受けるためのコツになります。

柔軟に対応してくれるのはどちらか

ユーザーの要望に柔軟に対応してくれるのはディーラーの方です。ディーラーは車を買い取るだけでなく買取の後に新車の納入も行います。納入後も車のメンテナンスなどを担当しますからユーザーとは長期の付き合いになります。したがって、ユーザーからの要望には柔軟に対応する傾向を持ちます。

買取店の方は車を売る時だけの付き合いですから、ユーザーの要望にはそれほど関心はありません。もっとも、だからと言って買取店の担当者の対応がいい加減であるということではありません。ただ比較において、長期的な付き合いになるディーラーの方が、その場限りの取引になる買取店よりも、ユーザーのニーズに応えることにより積極的である傾向があるということです。

下取りには買取店にある出張査定サービスがない

買取店には出張査定サービスがあります。これは買取店の査定士が自宅にやってきて車の査定を行ってくれるサービスのことで、原則無料で行われます。この出張査定サービスのおかげでユーザーは、比較的手間をかけないで複数の買取店の査定を受けることが可能になります。複数の買取店の査定を受けることができればそのうちで最も高い査定額を提示した買取店と契約を結ぶことで高額買取りが簡単に実現します。

ディーラーにはこの出張査定サービスがありません。もちろんディーラーに下取りに出す場合にもディーラーの担当者が自宅にやってきて査定を行いますが、査定を受けることができるのはディーラー1社だけなので高額査定は期待できないのが実情です。

下取りで得た売却代金に自由度は少ない

下取りで得た売却代金は新車の購入費用に充当されますので、手元に現金は入ってきません。一方、車を買取に出した場合には手元に現金が入ってきます。ユーザーはその現金を新車の購入費用に充当することもできますし、他の別の用途に使用することもできます。下取りで得た売上代金の使用用途は新車の購入費用に対する充当しかありませんから、その使用用途は非常に限定されていると言えます。

買取りの場合でも車の売却で得た現金をすべて新車の購入代金に充当する場合には、結局は下取りと同じですが、新車をローンで購入する場合等には手元に入ってきた現金を車の購入以外の用途に使用することができます。もちろん、車の売却が大成功して新車購入金額以上の売上収入があった場合には、差額分を自由に使うことができます。

車買取店での車売却が向いている人

車買取店での車売却が向いている人は、ある程度車の売買に関する知識がある人でかつ時9間的に余裕のある人です。車買取店に車を売る最大のメリットは高額査定が期待できるということですが、高額査定を実現するためにはある程度のテクニックと時間が必要になります。自動車取引に自信がない方や忙しい方であれば、車をディーラーに下取りに出した方がいいでしょう。

一般的には、車買取店へ売却するとディーラーに下取りに出すよりも、査定額が高くなると言われています。できるだけ高く車を売りたいという場合には買取店への売却がおススメです。ディーラーへの買取りだと、複数の買い手が買値を競って値段が釣りあがるということがないので、高値買取はあまり期待できません。

ディーラーに売った方がお得なケースとは?

ディーラー


一般的には、ディーラーに売るよりも買取専門店に売った方が査定額が高くなります。しかし、場合によっては、ディーラーに売った方がお得になる場合があります。

ディーラーは、決算期や正月などに、よく下取りキャンペーンを行います。これは、ディーラーが、この時期に売り上げる新車の台数を1台でも多くしようとする目的で行われますが、このキャンペーン期間にディーラーに下取りに出すと、一律に5万円~10万円程度高い査定額を付けてくれることがあります。

普通に車を売る場合には、買取専門店に売った方がよい場合でも、ディーラーのキャンペーンの時期に車を売った場合、ディーラーに売った方が高く売れる場合もあります。車を売るタイミングをディーラーのキャンペーン期間に合わせることができる場合には、下取りも考えてみる必要があります。

ディーラー下取りの金銭面以外のメリットについて

ディーラーに車を売る場合には、金銭面以外で、メリットがあります。ディーラーに車を売る場合には、ユーザーは車の買主を探す必要がないですから、手間がかかりません。契約手続きも、大部分をディーラーが代行してくれますので、非常に簡単です。

買取専門店に車を売る場合には、新しい車の購入時期によっては、代車を手配する必要がある場合がありますが、下取りの場合には、古い車の引取りと新車の納車は同時期に行われることがほとんどなので、代車の手配に苦労するということはまずありません。

忙しい方の場合には、査定額が多少安くなるとしても、買取専門店に車を売るよりも、ディーラーに下取りを依頼した方がメリットが大きいと言えます。

ディーラーへの買取りが向いている人

ディーラーへの下取りはディーラーの担当者が下取りに関する手続きのほとんどを代行してくれますから、手続きが非常に簡単だというメリットがあります。新車の納入と旧車の引取りも同時に行われますから、新車と旧車の切り替えもスムーズです。自動車の買い替えのために時間をあまり割くことができない忙しいサラリーマンの方などはディーラーへの下取りがおススメです。

車取引に自信がないという方もディーラーへの下取りがおススメです。買取店への売却するケースでは高額査定が実現する可能性が高くなりますが、そのためには買取店の担当者との粘り強い交渉が必要です。交渉が下手だと、買取店の担当者に言い負けて安い査定額で契約書にサインさせられてしまうこともあります。交渉が下手だという場合には無難なディーラーへの下取りが向いています。

ディーラーに下取りを依頼する場合の注意点について

ディーラーに下取りを依頼する場合には、ディーラー側の値引トリックに注意しなくてはなりません。ディーラー側の値引トリックとは、たとえば、本来であれば、メーカー希望標準小売価格100万円の新車を30万円値引きし、下取り価格を10万円として、売買代金が60万円となる車の取引を想定します。

この取引で、下取り価格を30万円、新車の値引額を10万円としても、定価100万円の新車の売買代金は60万円となります。下取り価格を上げた分、値引き額を引き下げれば、ディーラー側は、実質的なディーラー側の利益額を変えないで、下取り価格を上げることができます。

ディーラー側のこのトリックに引っかかると、売主は、下取り価格が上がったと喜んでいても、実質的には何の得にもなりません。ディーラーに下取りに出す場合には、このトリックについて十分に注意しなくてはなりません。

ディーラーの値引きトリックに引っかからないようにするためには

ディーラーの値引トリックに引っかからないようにするための一番良い方法は、売ろうとする車の中古車市場でも相場を把握しておくことです。そうすれば、ディーラーが値引トリックを使ってきた場合でも、すぐに、おかしいなと気づくことができます。

ディーラーに下取り出す場合には、新車の標準価格、値引き額、下取車の中古車市場での相場の3つの価格をよく検討し、ディーラーの値引トリックに引っかからないようにして、本当に下取りに出すことが有利な選択かどうかを検討します。

値引きトリックに引っかかってしまうと、本当は買取専門店に車を売った方が有利な場合でも、間違って、下取りに出した方がよいように見えてしまうので、十分な注意が必要です。

ディーラー下取りの場合でも一括査定の利用がおススメ

パソコンを使う手


売ろうとする車の中古車市場での相場を知るには、インターネットの査定サイトの利用が便利です。ネット上から売ろうとする車の車種、年式、走行距離などを入力するだけで、その車の中古車市場での相場が瞬時に表示されます。

一括査定の利用も有効です。これを利用して、複数の買取店から出張査定を受け、その査定額を平均すれば、より具体的な相場を知ることができます。もちろん、ディーラーの取引条件が悪い場合には、そのまま買取を依頼することもできます。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
大手を含む200社以上から厳選10社に一括査定依頼可能
ズバット車買取比較

ズバット車買取比較はインターネットを活用した車の一括査定のカテゴリーを創設した、この分野のパイオニア的な存在です。運用実績が14年間で利用者が約150万人と素晴らしく、業界内では強力なネームバリューを維持しています。査定前に査定依頼を出す業者を選択することも可能です。
詳細はこちら 無料査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
かんたん車査定ガイド
査定後の電話ラッシュよさらば!連絡手段はメールのみを選択可能

査定後のしつこい電話ラッシュから解放されたい方には「かんたん車査定ガイド」!連絡手段をメールのみに選択できるオプションがあるため電話が苦手な方にオススメです。入力項目数も少なく手軽に申し込むことができるため、とりあえず大まかな査定額を知りたい方にも向いています。
詳細はこちら かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
ユーカーパック
独自システムで2,000社以上が公開入札!連絡はユーカーパック1社だけ

ユーカーパックは1度だけ査定を受けたら、その査定情報が2,000社以上の業者に公開され、業者が入札していくという独自システムを取っています。依頼者と多数の買取業者との間にユーカーパックが仲介しているため、査定や電話のやり取りはユーカーパック1社と行うだけです。 複数の業者から営業電話が来ることもなく、多数の買取業者に査定額を付けてもらえるため依頼者にとってメリットの大きい仕組みになっています。
詳細はこちら ユーカーパックの査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ