車を下取りに出す場合のガソリンの量

Man refuelling her car on a highway roadside

新車購入の場合、納車オプションとして、ガソリン満タンを要求する人が多くいます。では、車を下取りに出すときには、下取車のガソリン量はどれくらいが適当なのでしょうか?

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

下取時に車に入っているガソリン量は査定に影響を与えない

車を下取りに出す場合、ガソリンの量が満タンでもほとんどカラでも、下取り価額にはまったく影響を与えないのが原則です。よって、下取価額を上げるために、下取前にガソリンを満タンにしておく必要はまったくありません。

さすがに、下取店に移動中にガス欠を起こしてしまいそうなほど、ギリギリのガソリンしか入っていない状態で下取りに出すのはまづいでしょうが、10㎞や20㎞は十分に走れるガソリン(2ℓ程度)が入っていれば、十分です。

エンプティランプがついて状態で下取りに出せるか

エンプティランプがついた瞬間から、ガス欠を起こすまでの車の走行距離は、車種にもよりますが、だいたい50㎞~100㎞です。よって、エンプティランプが付いた状態で車を下取りに出すことはまったく問題はありません。

上手にガソリンを節約するには、車を下取りに出すことが決まったら、給油を停止して、エンプティランプが付くまで走行し、ランプが付いたら、その時点で走行距離を記録します。そして、ランプの点灯後、30㎞を走行するまでに、下取店に車を引き渡すようにします。

下取り直前にガソリンを満タンにしてしまった場合の対応

下取直前にガソリンを満タンに給油してしまった場合には、そのまま下取りしても、査定にまったく反映されないので、ガソリンを抜き取っておくとよいでしょう。

一度車に入れてしまったガソリンの抜き取りは、一般の方にはできませんので、ガソリンの抜き取りサービスを提供しているガソリンスタンドを探して、そこに依頼をしてみます。

一度抜いたガソリンを保管するガソリン・タンクが必要になりますが、ガソリン代金も軽視できませんので、抜き取ったガソリンを別の車に移し替えることができれば、結構大きな節約ができます。

下取車はエンプティランプが付いた状態で引き渡す

車の下取りが決まったら、その車の給油は行わないか、必要最小限にとどめます。間違っても、下取り直前に満タンに給油することがないようにしなくてはなりません。

新車購入時に、納車オプションでガソリン満タンを要求する方が多いので、下取時にも、ガソリン満タンで納車しなければならないとお考えの方もいらっしゃいますが、それはまったくの勘違いです。

そのような義務は一切ありませんし、下取車のガソリン量が査定に影響を与えることも一切ありません。下取車は、エンプティランプの付いた状態で引き渡してもまったく問題ありません。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ