車を下取りした場合にかかる税金の仕組み

税金 TAX

自動車を下取りに出す際に、その下取り価額を上げる方法にはさまざまなものがありますが、税金を使い方法も、その1つです。そして、そのためには、自動車税の取引に関係する税金のことを詳しく知っておく必要があります。自動車取引にかかる税金のことを詳しく知っていれば、下取り店との価格交渉を有利に展開できます。

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

車を下取りに出す際の自動車税との関係

自動車を下取りに出す際、下取り価格に自動車税の未経過分が含まれているかどうか、また、自動車税の未経過分が含まれている場合、その価額が適切な水準であるかどうかを確認する必要があります。

自動車を下取りに出す際に発生する自動車税の未経過分とは、自動車税が、課税対象年度に誰が課税対象となる自動車を運転するかということとかかわらず、毎年4月1日の課税対象自動車の所有者に、課税対象年(4月1日から翌3月31日まで)の1年分の自動車税が課税されるという仕組みのために発生する、自動車の売主の自動車税の過払分のことを言います。

たとえば、ある個人ユーザーAさんが、ある年の5月1日に自動車を下取りに出すとします。このケースでは、その年の4月1日から翌年の3月31日までの1年分の自動車税は、売主であるAさんに課税されます。しかし、Aさんは、5月1日からから翌年3月31日までまったく課税対象となる自動車を運転しないわけですから、それなのに、1年分の税金を支払うとすると、税金の過払いとなります。

そこで、このような場合、自動車税の未経過分を車両本体価額に上乗せして、下取り価額を決めるのが自動車取引の習慣となっています。

Aさんの場合、Aさんに課税される1年間の自動車税を12万円、下取りに出す自動車の本体価額を50万円とすると、自動車税の未経過分は、12万円÷11カ月(5月から翌3月31日までの分)/12か月=10万円となり、自動車税の未経過分を上乗せした下取り価額は50万円+10万円=60万円となります。

下取り価額に含まれる自動車税の未経過分をチェックする必要がある

自動車を下取りに出す場合、売却時期が3月~4月である場合には、自動車税の未経過分にあまり気をつかう必要はありませんが、それ以外の時期に自動車を下取りに出す場合には、買取店が提示する下取り価額に自動車税の未経過分が含まれていることを確認する必要があります。

下取り価額に自動車税の未経過分が含まれているという場合でも、その未経過分の計上額が、適切な水準であるかどうかを確認する必要があります。下取り価額に自動車税の未経過分が計上されていない場合には、買取店にそれを計上するように要求します。また、計上されているがその価額が適切でない場合にも、適正な価額を計上するように要求します。

特に、4月や5月に自動車を下取りに出した場合には、6月頃に、手放したはずの自動車の1年分の税金の納税通知書が送られてくるので、下取り時に未経過分の支払いを受けていないと、損をすることになります。良心的な買取店であれば、その時点で、後払いで未経過分の支払いに応じてくれるところもあるでしょうが、ずるいところだと、知らんぷりをされてしまうこともあります。

車を下取りに出す際の消費税との関係

車のイメージ


個人ユーザーが、自動車取引を営業として行わない個人に自動車を下取りに出す場合には、消費税が関係することはありません。また、営業として自動車取引を行う者に自動車を下取りに出す場合でも、取引相手が消費税の課税事業者に該当しない場合にも、自動車の下取りと消費税は関係しません。

個人ユーザーが消費税の課税事業者である者に自動車を下取りに出す場合に初めて、自動車の下取りに消費税が関係してきます。消費税の課税事業者とは、前々事業年度(個人事業主の場合は暦年で前々年)の消費税課税売上高が1,000万円超の事業者のことをいいます。

自動車取引は単価が高いですから、個人・法人を問わず、たいていの事業者は消費税課税事業者に該当しますので、専門業者に自動車の下取りを出す場合には、相手方が消費税の課税事業者であると考えて間違いはないでしょう。

下取り価額に消費税が計上されているかどうかを確認する

消費税の課税事業者に自動車を下取りに出す場合には、下取り価額には消費税分が含まれていなくてはなりません。よって、自動車を下取りに出す際には、まず、取引相手が消費税の課税事業者であることを確認し、取引相手が消費税の課税事業者であれば、下取り価額に消費税が含まれているかどうかをさらに確認します。

下取り価額に消費税が含まれていない場合には、下取り価額に消費税の金額を上乗せするように要求します。取引相手がベテランだと、この辺はうやむやにされてしまいますので、査定の際の調査書を確認し、消費税分がしっかり計上されているかどうかをチェックします。査定額が下取りに出す自動車の車両評価額と同額であれば、消費税の計上漏れになりますから、消費税分だけ査定価額を上げるように要求できます。

下取りの買取価格を高くする方法

下取りの買取価格を高くする方法にはさまざまありますが、下取り価額に含まれる税金をしっかりチェックするというのも1つの有力な方法です。特に、消費税については、専門の買取店であっても、正確に消費税のことを理解していないところもあり、そのような買取店に自動車を下取りに出した場合、消費税の取扱いがいい加減になり、売主である個人ユーザーが損をしてしまうということもあります。

2019年10月からは、消費税の税率も10%となり、その存在は、ますます無視できないものとなります。買取店に自動車を下取りに出す場合には、消費税の取扱いについてしっかり確認し、消費税をしっかり計上した金額で下取りをしてもらうことが大切です。

3月~4月の年度の切り替え時期に自動車を下取りに出す場合は別として、それ以外の時期に自動車を下取りに出すケースでは、下取り額に自動車税の未経過分を計上してもらう必要があります。消費税とは異なり、買取店で自動車税の未経過分のことに詳しくないところはまずないでしょうが、悪質な買取店では、これをごまかす場合がありますから、注意しなくてはなりません。

悪質な買取店に騙されて、下取り価額を不当に低い水準に設定されないように、個人ユーザーは、自動車税の未経過分の買取価格への計上の仕組みについて、ある程度のことは知っておく必要があります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ