ディーラーで下取り査定するメリット・デメリットとは?

ディーラー

新車買い替えの際には、旧車を下取りに出すか、買取店に売却するかは、迷うところです。一般的には、買取店に売った方が、ディーラーに下取りに出すよりも、より高い査定額が出ると言われていますが、ディーラーへの下取りも、さまざまなメリットがあり、それらのことも考慮しなくてはなりません。

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

ディーラーに車を売ることのメリット

車の模型を持つ女性


一般的には、下取りよりも買取の方が、高い価額が付くと言われています。しかし、下取りにもメリットがあるので、すべてのケースで、下取りより買取が有利だというわけではありません。ディーラーに車を売ることのメリットは、以下の3つです。
  • 下取りは面倒がなく、手間がかからない
  • 下取りに出すことによって、新車の値引き交渉ができる
  • 価値がない自動車でも値段が付く

下取りは面倒がなく、手間がかからない

下取りは、販売店の担当者が売買の手続きの全てを代行してくれますから、売主は、ほとんどすることはありません。自分で自動車を買取店に売る場合には、査定を依頼したり、売買交渉をしたり、契約の手続きをしたりと結構大変ですが、下取りの場合、そういった煩わしさはありません。

忙しいサラリーマンの方であれば、自宅に買取店の査定士を何人も呼んだり、売買契約の手続きを自分で行うことは大変だと思います。そんな時、ディーラーに自動車を売れば、面倒くさい手続きの一切は、ディーラーの担当者がしてくれますので、安心です。

下取りに出すことによって、新車の値引き交渉ができる

日本を代表するプレミアムカーであるレクサスは、値引き販売を行っておりません。また、新型モデルも、値引きを行わないか、値引きを行う場合でも、値引き額が数万円以内というケースがほとんどです。高級車や新型車は、値引きを行わないことでブランドイメージを保つという戦略があるため、値引きをしたがらない傾向があります。

下取りの場合には、実質的には、値引きと同じことになりますが、形式的には、下取りに出した自動車の受取代金を、新しく購入する自動車の支払代金と相殺するということになりますので、値引きには該当しません。したがって、レクサスやその他、原則として値引きを行わない自動車を購入する場合でも、下取りに出せば、その自動車分、新車を安く購入できます。

下取り価額を上げれば、新車の実質的な値引き額は大きくなります。下取り価額を出来るだけ高くするように交渉して成功すれば、実質的な値引きを獲得することができます。こういった方法で、レクサスでも新型車種でも、実質的な値引きをしてもらうことが可能になります。

価値のない自動車でも値段がつくことがある

下取りの場合、下取り価額を本来の金額より高く設定することによって、実質的には、新車価額の値引きをすることができます。たとえば、下取り車の本来の価額を30万円であるとした場合、下取り価額を50万円とすると、新車の購入価額は、20万円値引きされたことになります。

レクサスや新型車種など、値引きが難しい新車を購入する場合、たとえば、市場価額が0円のような廃車寸前の自動車でも、下取り価額を20万円とか30万円とかという設定して、実質的な値引きを行うディーラーもあります。買取店では、廃車寸前で市場価額が0円の自動車を買い取ることはありませんが、下取りの場合には、このようなことがあるので、市場価額が0円の価値のない自動車でも、引き取ってもらえることがあります。

価値のない自動車を一定金額で下取りするように要求して、実質的な値引き交渉を行うこともできます。この方法を使えば、買取店に買い取ってもらえないような自動車でも、下取りに出すことができることがあります。

事故車・修理車の下取りについて

未修理の事故車は下取りしてもらえるか

未修理の事故車は下取りに出すことは不可能ではありませんが、下取り価格はほとんどの場合0円となるでしょう。場合によっては逆に数万円の廃車費用を請求されることもあります。ディラーは車を売ることが本業なので、未修理車を買い取って修理して中古車市場で再販するということはあまり得意ではありません。従って、未修理の事故車をディラーに下取りに出した場合に高値買取りは期待できません。

未修理の事故車を下取りに出すと、その車を引き取ったディラーはその車をすぐに廃車にします。ディラーが再販して利益を得ることがないわけですから、高値買取りなどはなどはありません。ディラーには廃車費用の負担が発生しますから、ディラーによってはその負担をユーザーに転嫁してくるところもあります。

事故歴のある車はディラーで下取りをしてもらえるか

事故歴のある車がディラーに下取りをしてもらえないということはありません。ただし、事故歴のある自動車を下取りに出した場合には高額査定は期待できません。事故歴のある車は中古車市場で敬遠されるので非常に低い価格でしか売れません。ディラーは新車を売ることには熱心だけれども、下取りで入ってくる車を高く売ることにはほとんど関心がありません。

事故歴のある車が入ってきた場合、ディラーは廃車にするか2束3文で売りさばいてしまいます。よって、事故歴のある下取車に高い値段が付くことはありません。未修理の事故車とは違って事故車でも修理してあれば廃車費用が請求されるということはないかもしれませんが、0査定となる可能性も十分にあります。

事故車はディラーよりも買取店に出すのが正解

未修理の事故車や事故歴のある車はディラーに下取りに出すよりも買取店に売った方が高額査定が期待できます。また、事故車専門の買取店というものもあります。事故車専門の買取店は、買い取った事故車を修理して再販したりパーツに分解して中古部品市場で販売することに力を入れていますので、事故車の買取りに積極的です。

下取りした事故車をほとんど廃車にするしかできないディラーと、修理して再販することや部品を取得して中古パーツ市場で売ることに力を入れている買取店では、どちらが事故車に高い査定額を付けるかは考えるまでもありません。事故車の高額査定を期待するのであればディラーへの買取りよりも買取店への売却の方が適切です。

下取りのデメリットについて

困り顔の女性


下取りには、以下のようなデメリットがあります。新車を買い替えるときに、買取店に買い取ってもらうか、ディーラーに下取りに出すかは、よく迷うところですが、双方の、メリット・デメリットをよく比較して判断することが必要です。
  • 買取店に売るよりも低い査定額になりやすい
  • 出張査定サービスがない
  • 下取りでの査定額は自由に使えるお金ではない

買取店に売るよりも低い査定額になりやすい

買取店は買い取った自動車を転売できる多様なルートを持っています。一方、ディーラーの方は、中古車販売を専門にしているわけではないので、買取店と比較した場合、買い取った自動車を販売できる力は弱くなっています。買い取った自動車に関して多様な販売ルートを持っている方が、それを持っていない方と比較して、より高く自動車を買い取ることができることは、言うまでもありません。

買取店の方は、全国に多数のライバルがいて、激しく競争しているので、査定額が釣りあがっていく傾向があります。一方、ディーラーの方は、下取りにおいては基本的にライバルが存在しないため、査定額を上げようとする圧力が働きません。このことも、買取店の査定額より下取りの査定額が低くなる傾向を生み出します。

出張査定サービスがない

買取店に査定を依頼すると、買取店の担当者(査定士)が自宅まで来てくれます。複数の買取店に査定を依頼しても、それぞれの買取店の担当者が自宅まで来てくれますので、売主としては、非常に簡単です。複数の買取店の担当者を一、同じ日時同じ場所に集めて、同時に査定を行うと、高い査定額が付きやすくなるのですが、こういった一括査定も、買取店の担当者が出張してくれるので、比較的簡単に行えます。

ディーラーに自動車を下取りに出す場合には、原則として、自分でディーラーの店舗に下取りに出す自動車を持ち込まなくてはなりません。ディーラーの担当者が自宅まで来て、その場で査定してくれるということはありません。慣れない店舗での査定は、自宅での査定と比較して、不安が大きいということもあります。

下取りでの査定額は自由に使えるお金ではない

買取店に自動車を売って得た受取代金は、自由に使えるお金です。新しく購入する自動車の支払代金に充当してもいいですし、パソコンを購入する費用にしてもいいですし、旅行に行くために使っても構いません。一方、ディーラーに下取りに出した場合には、その代金は、新車購入の費用に充当されるだけで、それ以外の用途に使用することができません。

自由に使えるお金と、そうでないお金を比較した場合、自由に使えるお金の方が有難いに決まっています。ディーラーに下取りに出した時に獲得できるお金は、新車購入費用に充当される以外に使い道がありませんから、このことは、ディーラーに下取りに出す場合のデメリットになります。

ディーラー下取りが向いている人はどんな人か

自動車


ディーラー下取りが向いている人の特徴を上げると、以下のようになります。
  • 余計な心配や手間をかけずに、物事をシンプルに進めたい人
  • ブランドイメージを大切にする自動車の購入を希望する人
  • 査定額だけでなく、トータルでの価値観を大切にする人

余計な心配や手間をかけずに、物事をシンプルに進めたい人

下取りは、ディーラーの担当者が手続きのほとんどを行ってくれることが多いので、下取りに出す方は非常に楽です。特に、忙しいサラリーマンの方であれば、買取店に自動車の買取を依頼した場合には、さまざまな手続きを自分で行わなくてはならないので、手続きの簡単なディーラーへの下取りが向いていると言えます。

一括査定などを利用すると、びっくりするような高額査定を獲得できる可能性もあるのですが、多数の買取店の査定を受けなくてはならないなど、そこに至るまで、さまざまな手続きを踏む必要があります。多くの人と交渉する必要もあります。そういったことが苦手だという方は、手続きがシンプルなディーラーへの下取りがおススメです。

ブランドイメージを大切にする自動車の購入を希望する人

ブランドイメージを大切にする自動車は、値引きをしないのが原則です。しかし、そういった自動車でも、下取りは行います。下取り価額を車両の相場価格より高めに設定することによって、実質的な値引きを行ったのと同様の効果を得ることができますが、この方法を使えば、値引きをしない自動車でも、安く買うことができます。

新車購入の際に、値引きをしませんとディーラーから申し渡されている場合でも、下取り価格を上げるように交渉することで、実質的な値引き交渉を行うことができます。レクサスやその他の新型人気車種は、ブランドイメージを保つために、値引きをしないのが原則となっていますが、下取りを使えば、安く買うことも可能になります。

査定額だけでなく、トータルでの価値観を大切にする人

ディーラーとの下取りは、査定額は多少安くなるかもしれませんが、手間がかからない点、ディーラーの販売店やその担当者と人的なつながりができる点など、金銭以外のメリットがあります。そういったメリットも考慮して、総合的な自動車の取扱いに関する価値観を大切にしたいというのであれば、ディーラーの下取りの方が向いていると言えます。

買取店への買取で高額査定を獲得しようとすると、多くの買取店に接触しなくてはなりませんが、その中には、悪徳な買取店や横柄な担当者を派遣してくる買取店もあるでしょう。そういった買取店への対応で疲れてしまうこともあります。ディーラーへの販売だと、そんなことはありません。

買取店への車売却が向いている人

車の模型と電卓とお札


買取店への自動車の売却が向いている人は、まず、手間暇がかかってもよいから、とにかく高額査定を獲得したいという人です。多くの買取店の担当者を自宅に同時に集めて、一度に査定を行ってもらうと、非常に高い査定額が出るケースがあります。一般的に、ディーラーへの下取りよりも、買取店への売却の方が、高い査定が付くと言われています。少しでも高く自動車を売りたいという方は、買取店への販売が向いています。

交渉事が得意だという人も、買取店への販売が向いています。交渉事が苦手だという方は、買取店へ自動車を売っても、買取交渉で買取店の担当者にうまく丸め込まれてしまって、安い査定額で売らされてしまう確率が高くなります。高額査定を獲得するには、粘り強く買取店の担当者と交渉する必要があり、そういったことに自信があるという人には、買取店への販売が向いています。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ