車を売るときに査定前の洗車や車内清掃は必要か?

hands hold sponge  for washing car

査定前に丁寧な洗車や車内清掃が必要かどうかは、非常に迷うところです。そこで、以下では、洗車や車内清掃が査定額にどのような影響を検討し、それらが本当に必要かどうかについて考えてみます。

洗車や車内清掃の有無で査定にどれほどの影響が出るのか

自動車の車内清掃は、査定に影響しないのが原則です。

というのは、まず、査定にもっとも影響するのが、車種、年式、走行距離、事故歴です。次に、ボディの傷、ヘコミ、補修の個所やその仕上がり、タイヤの溝、エンジンの状態、回りの錆、オプション、装備品です。そして、最後に、車内の汚れやにおい等がきます。

車内の汚れや臭いについては、シートが煙草で焦げていたり、動物臭がするなどの極端な場合に査定にマイナスに影響するということなので、査定前の車内清掃で除去できる程度の汚れや臭いでは、査定には影響しないというのが定説です。

ただし、査定する者も人間ですから、きれいな自動車の方が気分良く査定できるので、その分、汚れた自動車よりもきれいな自動車の方がより高い査定額が出る可能性は高くなります。よって、車内清掃は査定額に影響しないのが原則だから、査定前に車内清掃う必要はないということではなく、やはり、簡単な車内清掃くらいは行っておいた方がよいでしょう。

査定前の車はどこからどこまで清掃をしておけばよいのか

査定前の車内清掃をプロに依頼する方もいらっしゃいますが、通常は、そこまでする必要はありません。その理由は、洗車を依頼した専門業者に支払う金額以上に、査定額が上がることはほとんどありませんので、結局は損をするからです。

しかし、査定士が査定に臨んだ際、自動車が汚れていると、「依頼者はいい加減な人で、自動車も丁寧に扱ってこなかったに違いない。だから、買取後に手間がかかりそうで、面倒だ」と思います。すると、査定士も人間ですから、相場よりも低い値段をつけたいと考えるでしょう。よって、やはり、必要最低限で結構ですので、車内清掃や洗車を行っておく方がよいという結論になります。

車内清掃の方法

査定前の準備としては、「車内清掃、洗車、車内の臭いとり」の3つが基本となります。まず、車内清掃であれば、車内に掃除機をかけ、目につくところを布で拭き掃除をすれば十分です。ドリンクホルダー等の付属物は取り外し、トランクやダッシュボード内の不要物も除去しておきます。

洗車については、一応、行っておいた方がよいですが、200円から300円でできる機械洗車をかけておけばそれで十分です。車内の臭いとりについては、臭いがきついようでしたら、脱臭剤を購入して、車内に設置しておきます。

清掃をすることによるメリット

査定前に車内清掃しても、そのことによって査定額が直接アップすることはまずありません。よって、査定前に車内清掃をするメリットは、査定士に対する自動車の第一印象をよりよいものにするという間接的なものになります。

もちろん、間接的なメリットだからといっても、決して軽視できるのもではありません。極端な話ですが、忙しい会社経営者が中古自動車の買取を希望して、査定士が査定に臨んだ際、査定自動車内には、食べかす、ゴミ、ダッシュボードに埃、ボディーには泥はねの泥がついたままの状態であったというケースがありました。この査定では、基本相場から10万円も低い値段がつきました。このような事例もあるので、査定前の必要最小限の車内清掃は必ず実施しておくべきです。

新しい自動車の買取査定を依頼する場合には車内清掃は必須

走行距離が10万キロを超えた自動車の査定額は、ゼロ円か、値段がついても御礼程度(1万円~2万円)となることがほとんどです。しかし、走行距離が5万キロ未満の自動車の場合には、新車価額の半分程度だとか、査定において結構よ
い値段がつきます。

したがって、査定前の車内清掃の重要度も、査定対象の自動車が古い自動車なのか、新しい自動車なのかで、また、新車に高い値段がつく高級車なのか、それとも、普通自動車なのかによって、当然異なってきます。

買取後、部品を取得して廃車にする自動車の場合には、車内清掃や洗車が行き届いていても、それは、ユーザーの方がよい人だという印象は与えますが、査定に関しては、ほとんど意味を持ちません。

一方、買取後中古車市場で再販売される自動車の場合には、その自動車を運転する人が実際にいるわけですから、車内清掃や洗車が行き届いていたほうが、査定士に、丁寧に取り扱われていた自動車だという印象を与えることで、査定に良い影響を与えます。

よって、どのような自動車査定でも、査定前の車内清掃や洗車は行うべきでありますが、特に、走行距離が5万キロ未満の比較的新しい自動車の買取査定を依頼する場合には、車内清掃や洗車を欠かさずに行う必要があります。

査定前に洗車をしないと査定額はUPするか

自動車査定に関しては、洗車実施済であることは、査定額に直接影響を与えないのが原則ですが、ボディの傷やヘコミは査定額に影響を与えます。したがって、査定の際に丁寧な洗車が行われていると、査定士がボディの傷やヘコミを発見しやすくなるので、それは、査定する側のメリットとなります。

では、洗車をしないで査定に出した場合、自動車の汚れによって、査定士がボディの傷やヘコミを発見できなくなるので、その分査定額が上がる可能性があるのではとも考えられます。しかし、査定士は査定のプロなので、自動車の汚れ程度でボディの傷やヘコミを見落とすことはありません。

ボディ全体が泥はねの泥で汚れている場合にはそのような可能性もありますが、その場合には、査定士が査定時に洗車をして、傷やヘコミを確認しますので、そのことで、傷やヘコミを隠せるということはあり得ません。逆に、余計な手間をかけることで査定士に対する印象を悪くして、相場より低い査定額を提示される可能性があります。

よって、査定前の洗車を行わないことで査定額が下がる可能性はあっても、上がる可能性は皆無に等しく、査定前に洗車をしないと査定額はUPすることはありません。

専門業者に依頼する査定前の車内清掃が必要な場合

中古自動車の査定といっても、さまざまなケースがあるので、場合によっては、査定前に、専門業者に依頼して車内クリーニングを行ったほうが良い場合もあります。たとえば、走行距離が短い新車同様の高級車の買取査定では、100万円超の値段がつく場合もあります。このような査定の場合、査定士のさじ加減で、10万円単位で査定額が簡単に変わります。

したがって、査定士に対する自動車の第一印象が悪い場合には、基本相場より10万円以上下がった査定額がつき、反対に、それがよくて、相場より10万円以上の査定額額がつくケースが容易に想定できます。査定額がそのような幅で変動する場合には、専門業者に依頼して車内クリーにングを行なっても、十分に元が取れます。反対に、査定額がゼロや非常に低い金額となる走行距離が10万キロ以上の普通の中古自動車の査定の場合には、車内清掃によって査定額が変わるということはほぼありませんので、査定前の車内清掃などにかける金額は1,000円以下で十分です。

査定前の丁寧な車内清掃や洗車が、査定額に直接影響を与えることがないと言っても、上記のような例外もありますから、ケースバイケースで判断していく必要があります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ