エンジンの不調や故障は査定対象となる?

fotolia_66363526_xs

査定に出そうとしている自動車がエンジンの不調や故障を抱えている場合には、査定にどのような影響を与えるのかは気になるところです。

エンジンの不調や故障があると査定額は下がる

日本自動車査定協会(JAAI)が定める査定基準では、JAAIが定める標準状態と比較して、良ければ加点、悪ければ減点し、査定額を定めます。その標準状態の1つに「エンジン・足回りが走行に支障なく良好であること」という項目がありますので、エンジンの不調や故障があると減点の対象となり、当然のことながら査定額は低くなります。

もっとも、エンジンの不調や故障がある自動車を買取事業者が買い取ると、その自動車を中古車市場で再販売するためには、そのエンジンの不調や故障の修理が必要であり、その経費が発生しますので、エンジンの状態が良好な自動車と比較して、査定額が修理費の分下がるのは当然のことと言えます。

査定額を上げるためのエンジン交換はやってはいけない

エンジンの不調や故障が査定に影響を与えるからとって、エンジンの交換を検討される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、エンジンの交換には数十万円の費用が掛かるのが通例の上、エンジンを交換した上で査定に出しても、査定額が数十万円もUPすることは絶対にありえないので、査定前のエンジン交換は絶対に避けるべきです。

この場合には、持っている自動車を速やかに廃車にして、エンジン交換に必要な数十万円で新しい自動車を購入したほうがはるかに効率的です。

なお、軽微な修理で直せる不調や故の場合でも、自動車買取店は、一般のユーザーよりもはるかに安い金額で修理を行えますので、一般のユーザーが支出した修理代金よりも査定額が上昇することはほぼあり得ないため、修理を行わない現状で査定に出すのが一番お得な方法です。ただし、オイル交換やエレメント交換程度のことであれば、査定前に実施しておいて損はありません。

愛車の定期的なメンテナンスと丁寧な運転が大切

定期的なオイル交換やエレメント交換を怠ると、エンジンの不調や故障を起こしやすくなります。また、急加速や急停止などの乱暴な運転も、エンジンに負担をかけ、これもエンジンの不調や故障の大きな要因の1つとなります。よって、将来の自動車買取を予定している場合には、現在乗車している自動車の定期的なオイル交換やエレメント交換などのメンテナンスをしっかり行い、また、常日頃、丁寧な運転を心掛ける必要があります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ