中古車の走行距離による査定額への影響

fotolia_64931167_xs

中古自動車の査定を依頼するときに、自動車の走行距離が査定にどのような影響を与えるか気になるところです。自動車査定において走行距離はどのくらい影響があるのでしょうか?

走行距離は、中古自動車の査定にどのような影響を与えるか?

中古自動車の査定額の基本部分は、次の要素で決定される基本価額で決められます。

  • 車種
  • 年式(製造時点から査定時点までの年数)
  • 走行距離

まず、それぞれの車種、年式には、その自動車の走行距離が標準走行距離である場合の価額が設定され、次に、査定自動車の走行距離が標準走行距離に一致する場合には、車種、年式に基づいて定められた価額が、そのまま基本価額になります。一方、査定自動車の走行距離が標準走行距離を下回る場合には、車種、年式によって決められた価額に一定の加算を行った価額が基本価額となります。反対に、査定自動車の走行距離が標準走行距離を上回る場合には、車種、年式によって決められた価額に一定額の減算を行った価額が基本価額となります。

走行距離が査定価額に影響を与える具体例

プリウス、アイシス、ウイッシュクラスで年式が5年の自動車の場合

たとえば、プリウス、アイシス、ウイッシュクラスで年式が5年の自動車の場合、標準走行距離が4万キロ又は5万キロとなっています。よって、査定自動車の走行距離が4万キロ又は5万キロの場合、走行距離による加算又は減算は行われず、車種、年式により定められる価額がそのまま基本価額となります。

一方、査定自動車がほとんど使用されていなくて、5年式であるにもかかわらず、走行距離が1万キロであったとすると、車種、年式によって定められる価額に4万円を加算した金額が基本価額となります。反対に、査定自動車が平均以上の長距離を走行しており、5年式であるにも関わらず、走行距離が10万キロであったとすると、車種、年式によって定められる金額から、19万円を減じた金額が基本価額となります。

カローラ、ビッツ、パッソクラスの年式が3年の自動車の場合

また、たとえば、カローラ、ビッツ、パッソクラスの年式が3年の自動車の標準走行距離は3万キロですが、査定自動車の走行距離が3万キロであれば、車種、年式により決められた額がそのまま基本価額となります。

一方、査定自動車の走行距離が1万キロであれば、車種、年式によって定められる金額に6万円の加算を行った金額が基本価額となり、反対に、査定自動車の走行距離が10万キロの場合には、車種、年式によって定められる金額から24万円を減じた金額が基本価額となります。

走行距離が5万㎞を超えると査定額が急に落ちる

中古車販売市場では、同じ走行距離3千キロの違いでも、4万5千キロと4万8千キロではほぼ同じとみなされるのに対して、4万8千キロと5万1千キロでは、あきらかに4万8千キロの方が好まれるという心理が働いています。

この販売市場で心理は、当然、買取の方にも影響を与え、買取店も、販売が行いやすく、高値も付きやすい走行距離が5万キロ未満の中古自動車を欲しがる傾向を持っていますので、中古車買取市場では、走行距離が5万キロを超えると、査定額が急に落ちると言われています。

なお、現在では、自動車の寿命も伸び、また、性能が向上して故障が少なくなってきていますので、走行距離5万キロの壁(走行距離が5万キロを超えると査定額が急に下がること)は低くなってきていると言われています。

また、走行距離が5万キロを超える自動車でも、エンジンや外観・内装の状態など、その他の条件が良好であれば、走行距離が5万キロ未満の自動車よりも高い査定額がつくことがありますが、走行距離が5万キロを超えるか超えないかは、査定額に一定の影響を与えることは間違いないですから、4万キロ台の自動車をお持ちの方が買取を考える場合には、走行距離が5万キロを超えないうちに査定を依頼することがよりよい選択肢です。

メーターの巻き戻しは絶対に行ってはいけない

走行距離は査定額に大きな影響を与えるので、特殊な機械を用いて、走行メーターを巻き戻し、メーターが実際の走行距離よりも低い走行距離を表示するように細工をして、自動車の査定を依頼する方もいらっしゃいます。

しかし、査定士は、車体やエンジンの状態からおおよその走行距離を推測することができますし、JAAI(日本自動車査定協会)は、走行メーター管理システムを設置し、一度オークションに出された自動車の走行距離データをすべて保管していますので、メーターの巻き戻しによる走行距離データの改ざんはいずれ発覚します。

走行距離データの改ざんは、詐欺罪に該当する犯罪であり、最悪の場合には、警察に逮捕されますし、そうでなくても、買取店から査定額の差額を請求されたり、損害賠償請求を受けたりますので、査定額を上がるためのメーター巻き戻しは、絶対に行ってはいけません。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ