車に付いた傷は買取りや下取りの査定に影響するのか?

傷が付いた車

長く自動車を運転していると、ボディやバンパーに大小のさまざまなキズや凹みが付きます。そういったキズや凹みは、査定にどのような影響を与えるかは、自動車を売りたいという人であれば、誰でも気になるところです。また、そういったキズや凹みは、査定前に自分で修理したほうが良いのか、それとも、修理しないでそのまま査定に出した方がよいのかということも、よく迷います。

車下取り査定での傷や凹みによる影響

査定を受けようとする車両に傷や窪みがある場合、査定にマイナスの影響ができるとは間違いありません。しかし、小さなキズや凹みであれば、買取店の自社工場で安価に直すことができるので、査定でマイナスとなるといっても、非常に小さな金額ですので、あまり気にすることはないと言えます。

小さな傷や凹みがあったとしても、以下のような要件に該当する場合には、査定のマイナス分は、確実に転売できるというプラス分と相殺されるので、さらに小さくなります。

  • 年式が新しい
  • 超過走行していない
  • 市場人気が高い

車両に小さなキズや凹みがあったとしても、年式が新しかったり、走行距離が短かったり、市場人気が高い車種であったりした場合には、そのプラス査定と相殺されて、ほとんど影響はないといってよいでしょう。小さなキズや凹みの査定に与える影響は、そういったところまで考える必要があります。

小さなキズや凹みを修理して査定に出すと損をする

買取店では、自社工場で車両についた小さなキズや凹みを、非常に安価に直すことができます。一般のユーザーが小さなキズや凹みの修理を依頼すると、結構な金額を請求されますが、買取店では、お店の利益やその他の諸経費を上乗せする必要はありませんから、純粋に工賃だけで修理を行えます。

ユーザーが小さなキズや凹みを修理して査定に出した場合、それにかかった費用分だけ、査定額は上がりません。たとえば、ユーザーが査定額を上げるために、自分で自動車修理工場に依頼して、10万円で小さな傷を直したとします。一方、買取店では、同じ傷を2~3万円で直せるとします。このケースだと、傷を直すことによって査定額が上がるのは2~3万円分だけということになります。

10万円をかけて傷を直したにもかかわらず、2~3万円しか査定額が上がらないとすれば、7~8万円分の損失を受けます。何もしなければ、2~3万円分の損失で済んだにもかかわらず、余計なことをしたおかげで、7~8万円も損をすることになります。

買取店がユーザーよりもはるかに安い価額で自動車の修理ができるという事実から、キズや凹みの大小にかかわらず、車両は、修理をしないで、そのまま査定に出すというのが、査定で損をしないための鉄則になります。ユーザーが考えるほど、キズや凹みは、査定に大きな影響を与えないということもできます。

査定に響くキズ、響かないキズ

洗車キズ程度であれば、査定にまったく影響はありません。査定士の方でも、自動車に細かいキズが付いていることは当たり前のことだと思っています。新車でも、細かいキズのない車両はありえません。洗車キズであれば、査定に与えるマイナスの影響はほとんどないといってよいでしょう。

一般的には、爪に引っかからない程度の傷であれば、査定に与える影響はないと言われています。爪に引っかかるようなキズとは、たとえば、鍵のひっかき傷や接触事故を起こしてしまった場合に付いてしまうキズなどが該当します。さすがに、そのような目立つキズを付けてしまった場合には、ある程度のマイナス査定になることは避けられないでしょう。

洗車キズなど、自動車に乗っていると自然についてしまうキズは、査定の際に「キズあり」と判断されませんから、気にする必要はありませんが、こういったキズは、コンパウンドで簡単に落とせますから、できれば、査定前に落としておいた方が良いかもしれません。

タッチアップなどの素人修理はやめよう

査定前に車両に小さなキズがあることを発見した場合、タッチアップをして、小さなキズを隠してしまいたいと思う方は多いと思います。しかし、それはやめた方がいいでしょう。タッチアップでキズを隠しても、査定士はすぐに見破ってしまいます。しかも、タッチアップペンを使った場合、補修部分とその他の部分の光沢が微妙に違ってしまい、かえって、マイナス評価が大きくなったりします。

タッチアップペンによる小さなキズの補正は、プロの自動車整備士でも難しいと言われています。それを、ユーザーがうまく行うことは非常に困難であると言えます。しかも、最近は、メタリックカラーが流行っていますが、メタリックカラーの自動車は、タッチアップペンによる修正を行うと、色むらが出やすく、奇麗に補修ができないという傾向があります。

タッチアップペンで補修を行った場合、査定士の方がキズ隠しと判断して、心象が悪くなり、その他の査定にも悪影響を与えて、査定額が大幅に低くなるという事態もありえます。査定前にコンパウンドで車両を軽く磨いておくと言った程度のことであればよいのですが、それ以上の本格的な補修は控えた方が無難です。

査定時の心構えについて

車両がキレイに洗車されており、車内も清掃が行き届いていれば、査定士は気持ちよく査定を行うことができます。査定士が気持ちよく査定を行えば、より高い査定額が付く可能性が高くなることは言うまでもないでしょう。反対に、車両が汚れていたり、車内が散らかっていれば、査定士の心象が悪くなり、その分、査定額が引き下げられる可能性が出てきます。

査定の時に、車両の手入れがいき届いていないと、査定士は、ユーザーは車両を丁寧に取り扱っていなかったと推測します。すると、なんとなく、その車両の価値が低いような印象を受けます。査定前の洗車や車内清掃は、誰でも簡単にできます。それで査定士の心象をよくして査定額を上げることができるとすれば、それほど都合のよい話はありません。

洗車や車内クリーニングといっても、わざわざ高い経費をかけて、専門業者に依頼する必要はありません。街のコイン洗車で十分ですし、軽くコンパウンドをかけるにしても、1,000円程度の出費でできる範囲内のことで十分です。車内清掃にしても、街のコイン洗車に備え付けの自動掃除機で小さなごみを吸い取り、後は、自分で車内を整理整頓すれば、十分です。

キズや凹みの修理にはどれくらいかかるか

キズの修理の場合、数万円以内に収まる場合が大半です。もちろん、同じキズでも、ファミリーカーのありふれた色のボディについたものと、誰も乗っていないような車の珍しい色のボディについたもの、外車などのボディについたものでは、当然、修理費用が異なってきます。しかし、大半の傷の修理には、数万程度を用意しておけば、十分に対応可能です。

ボディの凹みを修理する場合、2~3万円で済む場合もあれば、ドアパネル1面の凹みを修理する場合には、30万円になる場合もあります。凹みができた部分が、ボディとバンパーでは、修理代は若干異なります。バンパーについた凹みを直す方が、ボディについて凹みを直すよりも、割高になります。

最近は、ガソリンスタンドでも、簡単な凹みであれば修理してくれるようになりました。正確な修理金額は修理する工場等でないと分からないので、はっきりとした修理の見積額を知りたいという場合には、直接、修理会社に見積もり依頼を行うことが必要です。

何故、キズや凹みがあっても大きな減額にならないか

買取店では、自社工場を持っていて、その自社工場で修理を行えば、一般のユーザーが行うよりも、はるかに安い費用で修理を行うことができます。一般のユーザーが自動車工場に修理を依頼した場合、純粋に修理にかかる費用のほか、業者の利潤や人件費などが上乗せされるので、費用がどうしても割高になります。

買取店が買い取った自動車を自社で修理する場合、純粋に修理にかかった金額のみが費用となりますから、一般のユーザーが修理工場に修理を申し込んだ場合と比較して、割安になることは当然のことです。余っている塗料や部品で修理を行うことができれば、ほとんどただ同然で、修理を行うことができるケースもあります。

査定の時に、車両にキズや凹みがあっても、買取店が自社の工場で安価に修理ができるということは、それらのキズや凹みは、査定の際に大きな減額にならないということを意味します。買取店がほとんどただ同然で修理できるようなキズや凹みであれば、査定額にほとんどマイナスの影響はありません。

キズや凹みがっても高く買い取ってくれる買取先はどこか

年式が新しい、走行距離が短い、人気の車種であるなどといった条件を満たす自動車は、中古車市場で売りさばくのが簡単なので、買い手が欲しがります。買い手が欲しがるということは、査定額が高くなるということに他なりません。買い手が欲しがる自動車の場合、多少のキズや凹みがあっても、それによる減額分は、市場で売りやすいという増額分と相殺されるので、査定額に与えるマイナスの影響は小さくなります。

年式が新しい、走行距離が短い、人気車種であるという要件を満たす自動車を売ろうとする場合、販売先を、同メーカーのディラーとすると、高い査定額が付く可能性が高まります。一般的に言って、ディラーは、中古車販売は苦手な傾向があります。そのため、自社以外の中古車を買い取る場合には、高い査定額が付くことはあまりありません。

一方、自社の自動車に対しては、ディラーは高い情報量と強力な販売網を持っています。ディラーに高い金額で販売するためには、年式が新しく、走行距離が短い、人気車種であるという要件を満たす必要がありますが、この要件を満たす限り、ディラーに売ると、高額査定を獲得できる可能性が高くなります。

車の擦りキズや凹みは直さずそのまま売ること

少しでも査定額を上げようとして、ホームセンターなどから自動車修理用品を買い集めて、自分で修理してから査定に出すという方もいらっしゃいます。しかし、自動車の修理は案外難しく、修理した結果、かえってキズや凹みが目立つようになってしまった、というケースも数多くあります。それでは、かえって査定額を下げる結果となり、最初から何もしない方がよかったということになります。

査定額をUPさせるために、修理業者に修理を依頼する方もいらっしゃいます。しかし、この方法も適切ではありません。買取店は自社工場で買い取った自動車の修理を格安に行うことができます。このことから、売主がかけた費用以上に、査定額がアップすることはありません。修理をした後に査定に出した場合と、修理をしないでそのまま査定に出した場合を比較すると、修理をしないで査定に出した場合の方が絶対お得です。

修理をしてから査定に出した方が、なんとなく高額査定を獲得できそうな気がします。一方、修理をしないで査定に出すと、なんとなく査定額が低くなるような気がして、あまり気持ちの良いものではありません。しかし、結論から言うと、キズや凹みがあっても、何もしないで査定に出すのがもっとも良い選択肢です。

キズの減額費用について

査定において、自動車についたキズは、以下の4段階に区分されます。

  • 爪に引っかからない程度の浅いキズ
  • 再塗装のみで済む浅いキズ
  • 板金と再塗装が必要な深いキズ
  • 部品交換が必要となる大きなキズ

キズの減額費用は、キズの段階によって変わってきます。言うまでもなく、傷が深くなればなるほど、査定における減額費用は大きくなっていきます。

爪に引っかからない程度の浅いキズの減額費用

爪に引っかからない程度の浅いキズはほとんど減額されませんので、気にする必要はありません。小さなキズのない自動車などありませんし、査定士も、最初から、自動車に小さなキズが付いていることが当然であると考えています。よって、そのような小さなキズが付いていても、査定に悪影響はありません。

小さなキズは、コンパウンドなどで磨けば落とせる場合もあります。もし、余裕があれば、査定前に、コンパウンドで、自動車を磨いておくとよいでしょう。それによって、査定額が必ず上がるということはありませんが、査定士の心象をよくしておくと、いいことがあるかもしれません。

再塗装のみで済む浅いキズの減額費用

再塗装のみで済む浅いキズ(ボディに支障がなく、塗装のみ剥げている場合)の減額費用の目安は、以下のとおりです。

キズのサイズ 減額費用の目安
1cm未満 ほぼ影響なし
9cm~30cm程度 1万円~3万円
30cm以上 1.5万円~4万円程度

塗装のみ剥げている浅いキズならば、キズの大きさが1cm未満であれば、査定に与える影響はほとんどありません。キズの大きさが30cmを超える大きなものでも、4万円程度の減額で済みます。自動車に再塗装のみで済むキズがついている場合も、あまり心配する必要はないでしょう。

板金と再塗装が必要な深いキズの減額費用

板金と再塗装が必要なキズは、査定額に大きなマイナスの影響を与えます。深いキズを直すには、専門的な知識が必要で、一般的な整備士では修理が不可能なので、専門の工場に修理を外注することになります。そうすると、修理費用が大きくなり、査定額の減額費用も大きくなります。

板金と再塗装が必要な深いキズの減額費用の目安は、以下のとおりです。

キズのサイズ 減額費用の目安
9cm~30cm未満 1.5万円~5万円程度
30㎝以上 2万円~8万円程度
パネル面積の1/2以上 7万円~20万円程度

自動車に板金と再塗装が必要な深いキズがある場合、査定額に与えるマイナスの影響は大きくなりますが、査定前に、自費で修理する必要はありません。いくら費用がかかるといっても、買取店は一般のユーザーよりも安く修理ができます。その結果、自費で修理した場合の費用額以上に、査定額は上がらないので、修理をしてから査定に出すと、必ず損をします。

部品交換が必要となる大きなキズの減額費用

パネル面積の2分の1以上にキズが付いた場合、修理不能となるので、部品全体を交換することになります。部品交換となると、減額費用は非常に大きくなります。自動車の骨格部位に該当する部分を交換した場合、その自動車は修理歴ありの自動車となり、中古車市場で高く販売することができなくなるので、査定額は大幅に下がります。

キズや凹みのある車を高く売る方法

キズや凹みのある自動車を高く売る簡単な方法は、できるだけ多くの買取店の見積もりを取ることです。買取店の中には、キズや凹みのある自動車でも高く売りさばくことができるところもあります。できるだけ多くの買取店に査定を依頼すれば、そういった買取店とコンタクトできる可能性が高まります。

売主が自分で複数の買取店に査定を申し込むことは大変ですので、インターネットの一括査定サイトの利用が便利です。このサイトを使えば、画面から申込フォームを入力して送信するだけで、10社~20社程度の買取店から、査定申込みを受けることが可能です。

ボディに大きなキズや凹みがある場合には、ほとんどの買取店は、あまり高くない査定額を提示してくると思いますが、中には、査定を依頼した車種は、キズや凹みがあっても、高く買いたいという買取店があれば、そういった買取店は、高い査定額を付けてきますから、その買取店と契約すれば、高い査定額を獲得できます。

洗車と清掃を行う

査定を依頼する前には、洗車と車内の清掃を行うことも大切です。自動車がきちんと洗車されていて、車内もきれいだと、査定士の心象はよくなります。心象が良くなったからといって、必ずしも査定額が上がるわけではありませんが、査定士は、自動車が売主によって丁寧に管理されていたと思うので、悪いことはありません。

余裕があれば、コンパウンドでボディを磨いておくとよいでしょう。細かいキズは、コンパウンドで磨くだけで消えます。細かいキズは、査定にほとんどマイナスの影響を与えませんが、それでも、キズがあるよりもない方がよいに決まっています。ただし、比較的大きなキズを、タッチアップなどを使って目立たなくすることはやめましょう。かえってキズが目立ってしまい、逆効果になることがあります。

車内クリーニングといっても、専門の業者さんに外注するまでことはありません。外注すると、5,000円~10,000円程度の経費がかかってしまいますが、査定前の車内クリーニングは、足元のマットを外して掃除機をかける、脱臭剤を置いて車内の臭いを消す、その程度で十分なので、わざわざお金を払って他人に依頼する必要はありません。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ