【高額査定】買取で車を高く売るために知っておきたい6つのコツ

fotolia_58445108_xs

買取査定で車を高く売るためには、いくつかのコツがあります。そのコツを知って、査定前に実践することで、査定額が大きく上昇することがあります。どのコツも比較的簡単に実践できますので、高額査定を得たい方はぜひとも実践してみることをおススメします。

買取査定で車を高く売るためには、いくつかのコツがあります。それらのコツを知って、そのコツを実践するかしないかで査定額はずいぶん変わってきます。このコツの代表的なものを上げると、以下のようになります。

  • 査定前に売りたい車の相場をよく調べること
  • 査定前に簡単な車内整備を行う
  • パーツ類は純正品に戻しておく
  • 複数の買取店に査定を依頼する
  • 査定士とのムダ話に気を付ける
  • 高く売れるタイミングで売る

査定前に売りたい車の相場をよく調べること

査定前に売りたいと思う車の中古車市場での相場を調べることは非常に重要です。売ろうとする車の相場が分かっていれば、査定士の価格交渉を有利に進めることができます。

たとえば、査定士が相場より安い査定額を提示してきた場合、「こちらが調べたこの車の相場はこれくらいですが、どうしてこんなに低い査定額となるのですか」と質問すれば、安く買いたたこうとしてくる査定士には、これだけで十分対抗できます。

現在は1台の車に対して複数の買取店の査定を受ける方法が主流となっていますが、売ろうとする車の相場を知っていれば、その相場以上の査定額を提示してきた買取店のみと価格交渉を行うようにするとかできるので、何かと便利です。

最終的に買取店が提示してきた査定額を承認するかしないかの判断をする場合でも、その車の中古車市場での相場が重要な役割を果たすことは言うまでもありません。

車の中古車市場での相場は、ネット上の査定サイトに必要な情報(車種、年式、走行距離等)を入力するだけで、誰でも、無料で簡単に確認できます。この簡単な作業を行うかどうかで、車の価格交渉がだいぶ変わってきます。

査定前に簡単な車両の整備を行う

fotolia_134918630_xs

査定前に、簡単な車両の整備を行うことも、査定額をアップさせるコツとなります。査定前の簡単な整備で改善できるような軽微な車両の欠陥は、査定額に影響を与えないので、それが査定に与える影響は直接的なものではありません。

しかし、査定士も人間ですので、きちんと整備されてキレイになっている車の方が、整備がされておらず、汚れている車よりも、より高い査定額が付けたいという気分になることは言うまでもありません。

査定前に車がきちんと整備されていると、査定士は、ユーザーが車を丁寧に取り扱っていたと感じます。一方、車が整備されていないと、査定士は、ユーザーが車をいい加減に取り扱っていたと感じます。前者の方がより高い査定額になりやすいことは言うまでもありません。

査定前の車両整備は、費用をかけて専門業者に依頼して行う必要はまったくありません。専門業者にして整備をしても、整備にかかる費用以上に査定額が上がることはありませんので、必ず損をします。

車内清掃であれば、車内に掃除機をかけて、シートなどを布巾で拭き、付属物を取り外しておくだけで十分です。匂いが気になる場合には、車内に脱臭剤を入れておきます。ボディーは、普通のシャンプー洗車をしておくだけで充分ですが、余裕があれば、ワックスがけをしておくとよいでしょう。

パーツ類を純正品に戻しておく

Tire of the car

買取店は、中古車市場で売りやすい誰もが平均的に好む車を欲しがるので、そういった車を高く買い取ります。社外パーツがついていると、その車を買いたいと思う人の層が限定されてくるので、買取店は買取を敬遠する傾向があります。買取店が買取を敬遠する車に高い査定額が付くことはありません。

購入時に付属していた純正パーツを社外品に取り替えている場合には、査定前に純正品に戻しておきます。そうすると、査定時に、社外パーツ品が付いていることによって査定額が減額されることはありませんし、取り外した社外パーツを部品市場で販売できるので、一石二鳥となります。

将来の査定のことを考えると、社外パーツに交換した純正パーツは、処分してしまわないで、自宅の車庫などに保管しておくとよいでしょう。

複数の買取店に査定を依頼する

査定の依頼を1つの買取店にしか行わないと、その買取店がよくない店の場合、査定士がユーザーが自分以外に査定を依頼した店がないことを把握すると、査定額を引き下げて買いたたこうとしてきます。

複数の買取店に査定を依頼した場合には、ある査定士の出した査定額が低いと感じた場合には、「別の買取店ではこれくらいの査定額を出していますが、御社はもう少し査定額を上げることができますか」等といって、低い査定額で交渉を纏めようとする査定士をかわすことができます。

複数の買取店に査定を依頼した場合には、買取店同士が競い合うので、査定額が高額になる傾向があり、この点からも、複数の買取店に査定を依頼することが、車を高く売るコツになります。

査定士とのムダ話に気を付ける

査定の際、査定士がよく世間話を話しかけてくることがありますが、この世間話には注意しなくてはなりません。査定士は、世間話をしながら、ユーザーがどの程度車の売買に関する知識を持っているかを探っています。

Man has brought his car to dealership

査定士が、ユーザーに車の売買に関する知識が少ないと判断すると、「相場より低い査定額を提示して買いたたいても大丈夫だ」と思って、査定額を引き下げてくることがあります。査定の際には、ムダ話をしないのが原則です。

査定士の中には、ユーザの売却希望額を聞いてくるものもおります。その際、ユーザーの希望額を言ってしまうと、その価格又はそれにほんの少し上乗せした価額で査定額が決まってしまいます。よって、査定士のこの質問には答えないのが原則です。

査定士の「他の買取店ではどのくらいの査定額を提示していますか」という質問にも答えてはなりません。この質問には「依頼した査定店の中で、もっとも高い査定額を付けた買取店に売却します」と答えておくとよいでしょう。

査定士とムダ話をしないことは、査定士に付け入るスキを与えて、査定額を引下げられることを防止しますので、車を高く売るコツの1つとなります。

高く売れるタイミングで売る

fotolia_53944734_xs


決算期や年明けなどの時期には、販売店がノルマを確保しようと販売台数を1台でも多くしようとする時期なので、その在庫を確保しようとして、中古車需要が増し、その買取価額が上昇するので、査定額がより高くなる傾向があります。

夏休みシーズンや冬休みシーズンも、中古車を求める人が増加し、中古車市場全体が活況となるので、それにつられて、中古車の査定額が上昇する傾向があります。車を売るタイミングをある程度調整できるのであれば、決算期(9月末や3月末)、年明け、夏休みや冬休みシーズンに車を売ればより高い値段が付きます。

走行距離が5万㎞(又は10万㎞)を超えると、査定額が急速に低下します。それは、中古車販売市場で、走行距離が5万㎞(又は10万㎞)を超えるか超えないかで、その売買価格が大きく異なってくることを反映しています。

走行距離が5万㎞又は10万㎞に近い車を売る場合には、5万㎞又は10万㎞を超えないタイミングで、車を売ることも車を高く売るコツになります。

愛車を最高額で売るには
無料の車買取り一括査定サービスで!
車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。

あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
最大10社から一括査定!累計150万人以上の安心実績
ズバット車買取比較
利用者数150万人を突破し、最大10社の査定額を比較する一括査定サービスです! 一括査定を利用した結果、下取りに比べて平均16万円も高く売れた実績があります。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定をぜひご利用ください!

サポート体制も充実しており、お問い合わせ専用ダイアルもご用意!「どうやって使えばいいの?」「査定依頼を中断したい」といったご要望も電話対応いたします!
詳細はこちら ズバット買取比較の一括査定はこちら
※最短45秒、かんたん入力で査定結果はすぐに見られます!
サブコンテンツ