用語集は行

ハッチバックとは

コンパクトカー

ハッチバックは自動車の形状についてのカテゴリーの一種として知られています。

この分類に該当する車は、バックドアを持つ比較的コンパクトな車であるとされ、現在では多くの自動車メーカーで製造、販売する車の種類となっています。

このハッチバックはさまざまなところでポピュラーな大衆車として受け入れられる特徴も持っています。

車の全長が3,750mmから4,200mm程度のBセグメントに該当する車でバックドアを有するものが、ハッチバックとして位置付けられるという具体的な定義も存在しています。

車のコンパクトさを持つことに加え、バックドアを設置することで車の後部に収納できるスペースを作ることが、ハッチバックの車種の特徴として掲げられています。