用語集な行

燃費とは

自動車の性能を測る上では、燃費を重視することは大事であると考えられています。

この燃費は、1Lの燃料で、どの程度の距離を走行できるかを示したものであり、一般的にはこの数値が高くなるほど性能は良いものとして認識されます。

日本の国内、国外のメーカーを問わず、昨今は燃費の良い車を作ることが強く意識されていると考えられています。

一般的なガソリンで走る車は、10~20キロ/lの燃費であるとされています。

その一方で、ハイブリッド車やPHVといった最新の機能を搭載したモデルは、30~40キロ/lの水準の燃費が期待できると考えられています。

そのため、同じ量の燃料で、長く走行できる車が増えることにも繋がり、燃費の良いという面はメリットとして認識されています。