廃車手続き

普通車の廃車手続きや費用について

自動車

事故車の処分方法としては次の3つの方法が考えられます。

  • 下取りに出す
  • 買取業者に売却する
  • 廃車にする

そこで普通自動車について「廃車にする場合の手続き」について解説します。

廃車にする前にやっておくべき準備について

廃車手続きを行うためには、まず、自動車を解体業者に引き渡して、その解体(スクラップ化)が完了していることが必要です。

自動車の廃車手続きは、運輸支局等に抹消登録申請書を提出することにより行いますが、この申請書には、解体業者から報告される「移動報告番号」と「解体報告記録日」の記載が必要になるからです。

さて、解体業者による自動車の解体手続きが終了すると、ユーザーに「移動報告番号」「解体報告記録日」が報告されます。

廃車手続きの前にやっておくべき準備としては、自動車の解体を終了してこの2つの番号を入手しておくが上げられます。

どこに廃車手続きを申込むか

廃車手続きは、廃車となる自動車のナンバープレートを管轄する運輸支局となります。

廃車手続きのことを(永久)抹消登録申請といいます。

運輸支局等の窓口では、抹消登録申請書が販売されていますから、それを購入し、必要事項を記載した上、添付書類を添えて窓口に提出することにより、登録抹消(廃車)手続きを行ないます。

なお、海外への出張等で一時的に自動車を使用しない場合には、一時抹消手続きを行ないます。

一時的に自動車を使用しない場合に、この手続きを行なわないと使用しない自動車税が課税されますが、この手続きを行なうと、自動車を使用しない期間について、課税が行われません。

一時抹消手続きをする場合には、言うまでもないことですが、申請前までに、解体業者に自動車を引き渡して解体を終了している必要はありません。

一時抹消の場合には、自動車を再度使用する可能性があるので、解体しないのは当然のことです。

廃車にするのに必要な書類について

書類
永久抹消登録(廃車)手続きをする場合に必要な書類などは、次のとおりです。

  • 所有者の実印
  • 所有者の印鑑登録証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録日」が分かるメモ書き

なお、この手続きを代行業者等に依頼する場合には、これ以外にも、所有者の委任状が必要となります。

また、地域によっては、この他にも、自動車税・自動車重量税申告書が必要になる場合もあります。

廃車費用について

料金・費用
廃車費用については、登録抹消手続きにかかる費用には、申請用紙代が100円程度と登録抹消手数料が350円、合計450円程度となります。

一方、解体業者に支払う自動車の解体費用については、まず、自動車リサイクル法で定められたリサイクル費用が10,000円~18,000円程度かかります。

また解体費用が、解体する自動車の車種にもよりますが、だいたい10,000円から30,000円程度必要になります。

合計で、おおよそ20,000円~50,000円程度が相場となります。

ただし、リサイクル券がある場合には、リサイクル費用はリサイクル券で払いますから、現金払いとなるのは、解体費用のみとなります。

内訳 費用
申請用紙代 100円程度
登録抹消手数料 350円程度
リサイクル費用 10,000円~18,000円
解体費用 10,000円~30,000円

自動車は廃車にするよりも買取りしたもらった方がお得

パソコンの前で笑顔の男性
ご自身で廃車手続きを行なうと、20,000円~50,000円程度の費用が必要です。

しかし、買取業者に買取りを依頼するとご自身で廃車費用を負担する必要がない上、自動車に価格が付けば逆にお金を受け取ることができます。

事故車買取専門の業者等に買取りを依頼すれば、事故車のように値段が付かないと思われるような自動車でも、ある程度の金額で買い取ってもらえます。

そうすれば、自動車の売却手続きと廃車手続きが同時に行なえる上に、手元にお金が残ります。

一石二鳥といえます。

なお、買取業者は、自動車の売買代金と廃車費用と相殺して0円で自動車を買い取ることがあります。

その場合でも、廃車手続きを0円で行えるのと同様ですから、結局は得をしていることになります。