事故車の買取

ディーラーへの事故車の下取りについて

事故車

事故車を買い換える場合、事故車の処分方法としては、ディーラーに下取りに出す方法、中古車買取業者に買取りを依頼する方法、個人売買を行う方法等が考えられます。

以下では、事故車をディーラーに下取りに出す方法について解説します。

下取りと買取りの違い

まず、事故車の下取りと買い取りには次のような違いがあります。

  • 下取り:新車のディーラーが事故車を買い取ること。

    新車の販売と事故車の買い取りを抱き合わせで行う所に特色がある

  • 買い取り:事故車の買い取りのみを独立して行うこと

ディーラーへの下取りでは事故車は高く売れない

事故車は、海外への輸出ルートやパーツ・素材の販売ルートを持っている中古車買い取り事業者ならば、比較的高額の値段で買い取ることができます。

しかし、新車や中古車の販売が本業であるディーラーの場合、事故車のよい販売ルートを持たないため、購入した事故車を上手にさばくことはできません。

よって、事故車を高い値段で買い取ることはまずありません。

事故車は、ほとんどの場合、0円査定か処分費用相当額の査定が行われます。

また、値段が付いたとしても、その分新車の値引き幅が圧縮されたりして、事故車によい値が付く可能性はほとんどありません。

ディーラーへの下取りのメリット

ディーラーへの下取りのメリットは、まず、手間がかからないことです。

ディーラーへの下取りの場合、担当者が下取り手続のほとんどを代行しますから、ユーザーはほとんど何もしなくても、事故車の処分を行うことができます。

また、買い換えた自動車の納車時期と、事故車の処分時期が一致するので、双方の時期がずれることによる自動車無し期間が発生することはありません。

ディーラーへの下取りは、お金の面ではメリットは少ないのですが、手間がかからないという点においては、他の方法より優れています。

事故車を高く買い取るディーラーには逆に要注意

ディーラー
事故車の買取りをディーラーに依頼した場合、高い値段で買い取ると言ってくるディーラーがいた場合には、逆に要注意です。

事故車の高値の買取りができるということは、事故車の販売ルートが豊富なことを意味します。

事故車の販売ルートを豊富に持っているということは、中古車買取業者の場合には不思議なことではありません。

しかし、新車や中古車の販売が本業のディーラーの場合、事故車の販売ルートを豊富に持っていると、本業はどうなっているんだということになり、逆に信用がおけません。

事故車に対しては、0円査定か処分費用相当額程度の査定しか行わない方が、ディーラーとしては、本業が充実しているようで、かえって安心できます。

ディーラーが事故車に高値を付けた場合には、こういったことを考えてみる必要があります。