個人売買

個人売買で車を売る際にかかる諸費用

車のミニチュアと電卓

仲介業者を介して自動車取引を行う場合には、その取引に伴う手続きのほとんどを仲介業者が行ってくれるので、ユーザーはそれらにかかる経費について考える必要はありません。

しかし、個人売買に場合には、売買に付随する手続きを全部ユーザーが行わなくてはなりませんから、それにかかる費用について知っておく必要があります。

自動車の名義変更にかかる費用について

電卓と通帳とお札
車の個人売買の場合、まず、売った車の名義変更手続きにかかる費用が必要です。

まず、売主の側では、印鑑登録証明書を取得する必要があるので、その取得費用(200円~300円)が必要です。

売主の側では、変更登録のために、移転登録申請書、譲渡証明書、委任状の3種類の書面が必要になりますが、これらの書面は運輸支局のホームページからダウンロードによって取得できますので、基本的には、費用は掛かりません。

ただし、運輸支局の窓口に出向いてこれらの書面を取得する場合には、別途交通費が必要になります。

一方、買主の方では、印鑑登録証明書と住民票、車庫証明書の用意が必要です。

印鑑登録証明書と住民票にかかる費用はそれぞれ200円~300円です。

車庫証明には2,500円~3,000円が必要になります。

買主には自動車取得税の納税も必要です。

自動車取得税の金額は、取得した自動車の車検証に記載されている車種、グレードなどによって税務当局が定める課税標準基準額に、自動車の経過年数によって定める一定の率(残価率)を乗じて計算した自動車取得価額に、3%を乗じた金額となります。

この他、移転登録手数料が500円、自動車の譲渡に当たってナンバープレートを変更する場合には、ナンバープレート代金1,500円~2,000円が必要です。

これらの費用は、車の買主の方で負担するのが原則となっています。

自動車の陸送費について

車の個人売買で車の売却が決まると、売主から買主の方に、車を陸送する必要があります。

その際に、車の運送業者に支払う陸送料が発生します。

この陸送料は、売主が負担するのか、買主が負担するのか、それとも双方が折半するのかは、売主と買主の話し合いによって定めることになります。

陸送費の金額については、千葉県八街市に本店のある陸送会社「有限会社プラスアルファ」の料金表によると、以下のとおりとなっています。

配送エリア 陸送費
有明埠頭(東京都江東区)~千葉市内 6,000円~
有明埠頭(東京都江東区)~東京23区内 6,000円~
東京23区~名古屋市内 35,000円~
東京23区~大阪市内 45,000円~

出品手数料について

個人売買の場合には、ヤフーオークションなどのインターネットサイトを活用して買い手を探すのが一般的です。

その際、オークションに出品するための費用が必要となります。

たとえば、ヤフーオークションを利用して自動車を売る場合、ヤフープレミアム会員とならなくてはなりませんが、その登録料が月額462円必要です。

出品の際には、手数料は不要ですが、出品した商品が落札した場合には、落札価格の8.64%の落札手数料の支払いが必要になります(それぞれ2017年7月1日現在)。

オークションに出品する際には、出品しようとする自動車の画像データを作成する必要がありますが、その場合に、デジタルカメラや画像データ送信用に必要な周辺機器の購入が必要になることがあり、そのケースではそれらの購入にかかる費用が発生します。

諸雑費について

自動車の個人売買でかかる主な費用は、移転登録手数料、自動車取得税、陸送費、オークションの利用料等ですが、その他、売買代金を送金する場合の送金手数料だとか、領収書や契約書の文書代、など諸経費が必要になります。

売却する自動車は、普通は、売却する前に、洗車や消臭剤の付け替え、簡単な車内清掃などを行います。

車買取店に車の買取を依頼する場合には、専門業者に車内のクリーニングを依頼するなど、大掛かりな清掃などをする場合もありますが、個人売買のケースではそのような必要性は少なく、費用が1,000円程度で済む簡単な清掃などを行えば十分です。