車を売る方法の比較

車買取専門店と中古車販売店の違いとは?

自動車

中古自動車の買取を行う事業者には、大きく分けて、車買取専門店と中古車販売店の2つの種類があります。

そして、実際の買取の際に、どちらの種類の事業を利用すべきかは、迷うところです。

そこで車買取専門店と中古車販売店の違いについて解説します。

車買取専門店とは

車買取専門店とは、買い取った中古車を自分で消費者(自動車ユーザー)に直接販売せず、オークション等で主として自動車販売店向けに販売する事業者のことをいいます。

テレビやインターネットでよく宣伝されている、ガリバー、カーセブン、ラビット等がこれに該当します。

中古車販売店とは

一方、中古車販売店は、街でよく見かける、店頭に買い取った中古自動車を並べて販売するタイプの自動車販売店等のことをいいます。

なお、この中古車販売店は、中小事業者が多いのですが、T-UPのようなトヨタ自動車が運営するディーラー系の販売店もあります。

中古車販売店は、買い取った中古車を買取店が直接自動車ユーザーに販売することに大きな特徴があります。

車買取専門店と中古車販売店の違いとは

ボールを比較する女性
車買取専門店は、中古車販売店と比較すると、より幅の広い販売ルートを持っています。

中古車販売店は、自分の店舗で販売できる自動車しか買い取らない傾向がありますが、車買取専門店は、全国規模のオークションで買い取った自動車を販売できますから、当然、より幅の広い車種の中古車を買取ることができます。

また、中古車販売店は、基本的に自分で販売できる分しか買わないので、買取実績が少なく、査定についても精通していない傾向があります。

一方、車買取専門店は、巨大なオークション市場を相手にしているため、買取実績がより豊富で、査定についても精通している傾向があります。

なお、自動車ユーザーは自動車販売のプロではありませんが、オークションで自動車を購入するのは自動車販売のプロですので、プロ相手に自動車を販売する車買取専門店の方が、日本自動車査定協会(JAAI)の定める査定基準により忠実に従う傾向があります。

中古車販売店には「下取り」がある

より大きな市場を相手にするほうが、買い取った中古車をより高く確実にさばけるため、査定額が高くなる傾向があります。

したがって、一般的には、同一の条件の中古車であれば、車買取専門店の方が、中古車販売店よりもより高い査定額を付けます。

しかし、中古車販売店には「下取り」という、車買取専門店にはない大きな特徴があります。

自分の店舗の自動車を買ってくれるというので、一般的な査定額よりもかなり高い価格で中古車の買い取り(下取り)を行う中古車販売店があることは、容易に想像できます。