下取り

下取りで査定額ゼロ円と言われた車でも買取店なら値段が付く!

お金と笑顔の女性

下取店に車の0円査定を言い渡されても、同じ車を買取店の査定に出すと結構よい査定額が付いたりします。

では、なぜ、下取店の査定額は買取店のそれよりも低くなるのでしょうか?また、下取りで0円査定を受けた場合には、一体どのように対応したらよいのでしょうか?

下取りの査定額は安くなる

車を買った自動車販売店にそれまで乗っていた車を売る下取りは、自動車を買う店と売る店が同じ店なので、手続きが簡単ですし、新しい車の納車と同時に古い車を販売するので、代車の必要もありません。

しかし、下取りの場合、査定額がゼロというケースが結構あります。

特に、中古車購入時の下取りの場合、基本的には、その中古車販売店で売れない車は0円査定となります。

新車購入時の場合、よほどひどい車でない限り、数万円程度の査定額が付きますが、その分、新車価格を釣り上げられ、実質的には、下取りの方は0円査定という場合も結構あります。

ディーラーの下取りの場合には、この価格のトリックに引っかかって、実質的には0円査定なのにもかかわらず、高く売れたと錯覚するケースがあるので、注意が必要です。

下取りの査定額は買取店のそれよりもなぜ安くなるか

パソコンの前で困る女性
下取りの場合、下取りをした車は、販売店の在庫となり、販売店の店頭で販売されます。

すると、その販売店で売れそうな車しか高い査定は付きません。

オークションなどで高く売れそうな車でも、下取店の店頭では売れそうにない車の場合、0円査定になることはないとしても、高額査定になることはありません。

一方、買取店の場合、買い取った車のほとんどはオークションに出品されます。

オークションには、非常に多くの自動車販売店が参加していますから、下取店と比較して「その車だったら高く買い取ってもよい」という買主に出会う確率が高くなります。

下取店の店頭で売れそうにないからという理由で0円査定となった車でも、オークションでは人気車種であるなら、買取店が高額査定を付けるという可能性は十分にあります。

下取店が下取車をオークションに出す場合について

下取店がオークションに出品する場合もあります。

しかし、下取店は買取店と比較して、オークションでの車の販売には慣れていないのが通例で、あまり上手に車を売ることができません。

下取店が買取店にオークション販売を依頼する場合もありますが、その場合は、オークション代行手数料を買取店に支払う必要があるので、同じ車を直接買取店に売るよりも、その手数料分だけ、査定額が低くなる傾向があります。

もっとも、下取店は、自分の店の店頭での車の販売に力を注いでいるため、たとえ、オークションで売れば儲けが出そうな下取車の査定を依頼され、その車を引き取ってオークションに出品すれば利益を得られる場合でも、オークションに出すのが面倒なので、わざと0円査定を出すかもしれません。

下取店の0円査定を受けたら、買取店の査定を受けてみる

車の査定
車の購入時に、古い車を下取りに出して、その下取店から0円査定を言い渡されても、まだ、あきらめる必要はありません。

そのような場合でも、買取店に買取を依頼した場合には、高額査定を受けることができる場合があります。

下取店では、オークションにかければ高く売れる車でも、自分の店で売れないとか、オークションにかけるのが面倒くさいという理由で、0円査定を付ける場合があります。

そのような場合に古い車を下取りに出すと、せっかくの高額査定を得る機会を失います。

下取店に0円査定を付けられた場合には、一度、買取店に査定を依頼してみるとよいです。

そこで高額査定が得られた場合には、下取りではなく、買取を行います。

買取店に査定を依頼する場合には、インターネット上の一括査定サイトの利用が便利です。