税金

車の重さで決まる「自動車重量税」

車とお金と天秤

自動車重量税は、車検の際に、車検証上の所有者に対して、車検の対象となる車の重量に応じて課税される税金です。

自動車重量税は、自動車整備工場などに車検を依頼すると、業者の方で代行して支払いますから、ユーザーの方によってはなじみの少ない税金ともいえます。

自動車重量税とは

自動車重量税は、国が、自動車の車検証上の所有者に対して、自動車の重量に比例して課税する税金のことをいいます。

自動車重量税は、新規登録や継続検査等の車検の際に、運輸支局に併設されている自動車税事務所において納税します。

自動車整備工場などに車検を依頼すると、7万円~10万円程度の車検料金が請求されますが、この車検料金の中には、自動車重量税が含まれています。

ユーザー車検でユーザー自らが車検手続きを行う場合には、自動車重量税を支払う機会があるかもしれませんが、いつも車検を業者に依頼している場合には、自動車重量税を直接税務当局に支払う機会はありません。

自動車重量税の金額について

自動車重量税は、その名の通り、基本的には、車の車重に応じて税額が決まります。

車重が重ければ重いほど、税金が高くなります。

たとえば、車重500㎏以下の車で2年車検(継続検査・13年経過未満)の場合には、自動車重量税の基本税額は8,200円ですが、車重が2,500㎏~3,000㎏の場合には、基本税額が49,200円となります。

自動車重量税の特則について

自動車重量税には、エコカー減税があります。

電気自動車や燃料電池自動車には、自動車重量税が課税されません。

また、ハイブリット車などに関しては、エコカー減税無しの場合より低額のエコカー本則税率が適用されるほか、燃費基準の達成度に応じて、さらに、75%減税、50%減税、25%減税などの減税が行われる場合もあります。

自動車重量税は、新規登録(3年車検)の場合と、継続検査(2年車検)の場合で、課税される金額が変わってきます。

自動車重量税の特色です。

たとえば、車重500㎏以下の車で2年車検(継続検査)の場合には、自動車重量税の基本税額は8,200円ですが、同じ車が3年車検を受ける場合には、税額が12,300円円となります。

継続車検の際に課税される重量税の税額は、新車登録からの経過年数によって税額が変わってきます。

たとえば、車重500㎏以下の車で経過年数が13年未満の場合には、税額が8,200円ですが、経過年数が13年以上18年未満の場合には11,400円、経過年数が18年以上の場合には12,600円となっています。

すべての段階において、経過年数が長いほど、重量税の金額がより高くなっています。

愛車を最高額で売るには車買取り一括査定で!

車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
ズバット車買取比較はインターネットを活用した車の一括査定のカテゴリーを創設した、この分野のパイオニア的な存在です。運用実績が14年間で利用者が約150万人と素晴らしく、業界内では強力なネームバリューを維持しています。査定前に査定依頼を出す業者を選択することも可能です。