査定の基礎知識

人気車種の買取査定額が安くなる理由

人気車種を新車で購入し、その後買い替えのために査定を依頼すると、新車時代とは異なり、その査定額は意外と低いものになります。

どうして人気車種にもかかわらず査定額が低くなってしまうのでしょうか?

そこで、新車時代に人気車種であった中古車の買取査定額が安くなる理由について解説します。

人気車種の中古車査定額は低くなる傾向がある

ステーションワゴン
昔はセダンが圧倒的に幅を利かせていましたが、ステーションワゴンが流行り出し、その後、ミニバン、SUVと、2~3年を周期として、自動車の人気車種が次々現れます。

しかし、新車の人気車種の値段は、そうでない車種と比較して当然に高くなりますが、人気車種の中古車が、そうでない中古車と比較して、査定額が高くなるかというと、必ずしもそうではありません。

中古車の場合、新車時代に人気車種であったものは、意外にも、査定額が低くなる傾向があります。

人気車種の中古車の査定額が低くなる理由について

では、なぜ、人気車種であった中古車の査定額が低くなるかというと、それは、人気車種は、新車販売台数が多く、それに伴い、中古車市場に出回わるその車種の中古車の数も非常に多くなります。

中古車市場に出回る車両数が多くなれば、当然、中古車市場で成立する当該車種の価格も下がってきます。

買取店は買い取った自動車の多くを中古車市場で販売するため、中古車市場で評価の高い(高値の付く)車種の自動車は高く買い取り、中古車市場での評価の低い(よい値段の付かない)車種の自動車は安く買い取る傾向があります。

人気車種の中古車が中古車市場に多数で回っていて飽和状態であり、良い値段がつかない場合、買取店が付ける当該車種の自動車に付ける査定額も、それに連動して低くなる傾向があり、これが、人気車種であった自動車の査定額が低くなる理由となります。

新車の時に人気車種であった中古車の査定額が安くなるのは宿命

自動車の流行は2~3年を周期として移り変わります。

購入した新車を買い替えるのは、最短でも、新車購入から2~3年経過後となるのが普通です。

よって、新車購入時点から2~3年を経過し、その後に、買い替えのための査定を依頼すると、その時点ではその自動車は人気車種ではなくなり、かつ、中古車市場では当該車種の自動車が大量に出回っていて高値がつかないため、安い査定額となります。

買取依頼時点で流行している人気車種を提供できれば良いのですが、中古車は、どうしても、新車購入から乗り換えまでの一定の時間が経過しているため、新車購入時点では人気車種でも、中古車になると、流行おくれで、かつ、中古車市場で同種の自動車が氾濫しているという状態となります。

新車で購入した人気車種の中古車査定額が流行遅れとなるために安くなるのは、避けられない宿命のようなものです。

愛車を最高額で売るには車買取り一括査定で!

車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
ズバット車買取比較はインターネットを活用した車の一括査定のカテゴリーを創設した、この分野のパイオニア的な存在です。運用実績が14年間で利用者が約150万人と素晴らしく、業界内では強力なネームバリューを維持しています。査定前に査定依頼を出す業者を選択することも可能です。