査定基準

車のキズやヘコミを直すと査定額がアップするのか?

キズやヘコミがある自動車を査定に出す場合、そのキズやヘコミを修理してから査定に出した方がよいのか、それとも、修理をしないでそのまま出した方がよいのかよく迷います。

そこで、以下では、査定前のキズやヘコミの修理が査定額に与える影響について解説します。

車を売る時ボディのキズやヘコミを直すと売ると査定額が上がる?

ある程度の大きさのキズやヘコミがあると査定額が下がります。

査定対象自動車の車種や年式などにもよりますが、1つの大きなキズやヘコミで約2万円~30,000円程度査定額が下がります。

ですから、専門業者に依頼して、そのキズやヘコミを奇麗に修理した場合には、査定額は当然に上がります。

しかし、一般には、自動車の修理によって査定額が上昇するのは、修理費のおおよそ半分程度だと言われています。

よって、少数の例外を除いて、自動車に大きなキズやヘコミがある場合でも、自分で修理を行わず、そのままの状態で査定を依頼した方が賢明な選択です。

小さなキズやヘコミは査定額に影響を与えない

まず、小さなキズであれば査定額に影響しないのが原則です。

日本自動車査定協会(JAAI)が定めた基準によると、1cm以下の小さな傷は、マイナス査定の対象となりません。

また、ある中古自動車販売業者の担当者の話では、コンパウンドで磨けば落ちるような擦キズ程度で査定がマイナスになることはないとのことです。

したがって、軽微なキズやヘコミの場合には、査定に悪い影響を与えることはないので、査定に当たって、その修理を行う必要はありません。

修理を自分で行うことは控えたほうが良い

車の傷
できるだけ費用をかけないでキズやヘコミの修理を行い、査定額をUPさせたいと考えるのは人情です。

そこで、ホームセンターなどで自動車修理用品を購入し、自分で自動車のキズやヘコミを修理して、自動車査定を依頼する方もいらっしゃいます。

しかし、自分で修理を行うと、かえってキズやヘコミが目立つようになるという事態も頻繁に起こります。

そもそも、軽微なキズやヘコミは査定に影響しないので修理する必要はありません。

それにもかかわらず修理を実施し、かえってキズなどを目立つようにして査定でマイナス査定を受けるというのでは、まったくムダな行為ということができます。

また、キズやヘコミが大きくなるほど、専門業者でない普通の方が奇麗に修理することが難しくなり、失敗して、かえってキズなどを目立つようにする確率が高まります。

よって、どのようなケースでも、査定前に依頼者が自ら修理を行うことは控えたほうが賢明です。

キズやヘコミが査定に与える影響は少ない

自動車査定の方法は、買取店ごとに異なります。

ある程度のキズやヘコミを1つ1つ個別にマイナス評価する査定方法を採用するところもあれば、1つ1つの個別評価を行わず、自動車全体のコンディション評価を行い、その中にまとめてキズやヘコミの状態を評価する方法を実施しているところもあります。

後者の方法で査定を受ける場合には、1つ1つのキズやヘコミにはそれほど気をつかう必要はありません。

意外にも、実際の査定においては、一般に考えられている以上に、キズやヘコミが査定に与える影響が少ないものです。

もっとも、新車同様の自動車についたキズと走行距離が10万キロ以上の古い自動車についたキズの評価は、当然に異なります。

また、キズが目立たないブラックカラーの自動車についたキズと、キズの目立つパールカラーの自動車のついたキズでは、査定上の評価が当然に異なります。

したがって、実際のキズやヘコミの査定上への影響を考える場合には、査定対象自動車の個別事情を考慮する必要もあります。

コーティングが査定額を大幅にアップさせた事例

査定前にキズやヘコミの修理などの手入れを行っても、その修理費の半分程度しか査定額が上がらないので、キズやヘコミがある場合でも、そのまま査定に出すのが原則です。

しかし、場合によっては、査定前に自動車の手入れを行えば、査定額が大幅に上昇することもあります。

たとえば、オークションで54,000円の値段がついた自動車が、きれいにコーティングを行って再度オークションに出したところ、192,000円で販売できたという事例があります。

これは、オークションという、特に奇麗な外観が重要視される特殊な環境であったことも考慮する必要もありますが、査定前の手入れが査定額を大幅にUPさせることもあるということを示唆しています。