査定基準

純正オプションや社外品パーツは査定に影響するのか?

自分の気に入った社外オプションや社外パーツを付けて自動車を運転したいという方は多くいらっしゃいますが、それらの社外品は自動車査定にどのような影響を与えるかは気になるところです。

純正オプションや社外オプションが自動車査定に占める役割とはどのようなものなのでしょうか?

社外オプションが付属していると査定額が下がることが多い

中古車販売市場では、ノーマルなものがもっとも人気が高いという特徴があります。

したがって、ノーマルである純正品オプションを付けていた方が、社外オプションを付けているよりも、市場での再販売が容易なために、買取事業者が好む傾向があり、それを反映してより高い査定額がつきます。

なお、社外品でも最新式の超人気機種のように、中古部品市場で高値で販売できるものが付属している場合には、例外的に、純正のものがついているよりも査定額が上がる場合もありますが、通常は、社外品は買取時点で型落ち(流行おくれ)となっている場合が多く、その可能性は稀です。

社外オプションに取り替えた純正品は保存しておくこと

自動車を購入したら、自分の気に入ったホイールやカーオーディオ、カーナビなどのオプションを購入して、それを付けて走りたいと思う方は多いと思います。

しかし、その場合でも、交換した純正品は処分しないで保存しておくことをオススメします。

そして、自動車を買取に出すときには、社外オプションを取り外し、純正オプションに戻しておくと、買取の時に査定額が下がることはありません。

さらに、取り外した社外品をインターネット・オークションなどで販売すると、買取による利益がより大きくなります。

査定額は、純正オプションや純正パーツが付属しているものとして基本価格が設定されており、純正品が付属していてはじめて標準価格となるので、純正品が付属しているのは当たり前で、それで査定額が上がることはありません。

オプションやパーツの交換はできるだけ純正品同士で行うこと

自動車に標準装備されている純正パーツやオプションを、別の者に取り替える場合には、出来るだけ、同じメーカーの別の機種に取り替えるのがオススメです。

同じメーカーのよりグレードの高いパーツやオプションであれば、査定でマイナスの影響を受けることはまずありませんし、場合によっては、査定額が上がる可能性すらあります。

自分が気に入ったパーツやオプションが、運転する自動車メーカーから常に発売されているとは限りませんが、できるだけ同じメーカーのものを利用することで、査定に与えるマイナスの影響を最小限にとどめることができます。

愛車を最高額で売るには車買取り一括査定で!

車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
ズバット車買取比較はインターネットを活用した車の一括査定のカテゴリーを創設した、この分野のパイオニア的な存在です。運用実績が14年間で利用者が約150万人と素晴らしく、業界内では強力なネームバリューを維持しています。査定前に査定依頼を出す業者を選択することも可能です。