査定基準

喫煙車の査定額はどれだけ下がる?少しでも高く売る方法

煙草が好きな方は、タバコを吸いながら自動車を運転することはまた格別の楽しみがあるものです。

しかし、車内での喫煙歴が中古車査定に与える影響には注意しなくてはなりません。

喫煙車の査定額は禁煙車よりも低くなる

レストランや公共機関などでも、禁煙席と喫煙席が分かれて設置されるなど、分煙化への意識の高まりから、中古車市場でも、「禁煙車」か「喫煙車」を明示して販売する事業者が出現しています。

一般的には、「禁煙車」と「喫煙者」の区別があっても、まったく同じ状態の中古自動車であれば、同一の査定額が付けられているようです。

ただし、自動車査定基準では、車内の煙草臭は、マイナス査定の一因となっております。

長年に分かって染み付いた煙草臭は、簡単なクリーニングによって消せるものでなく、また、喫煙車の場合には、シートなどに煙草の焦げ跡が付着しているケースが多くあります。

よって、喫煙車であると、そういった査定のマイナス要素を多く持つ可能性があり、その点で、喫煙者の査定額が禁煙車の査定額よりも低くなる可能性が高いと言えます。

※カンタン入力、無料の一括査定サービスへ

タバコを楽しみつつ禁煙車をキープすることはできるか

ドライブをしながらタバコを楽しみつつ査定の際に禁煙車の扱いを受けるための一番簡単な方法は、電子タバコ(ベイプ)を利用することです。

ベイプはニコチンやタールなどを排出しませんから、車内が汚れることはありません。

査定の際に車両の天井にタバコのヤニによる汚れがあったりタバコ臭がする場合、評価額は大きく下がります。

ベイプを利用する場合にはそのようなことがないので禁煙車扱いとなります。

普通のタバコを吸う場合でも、タバコを吸うときは窓を開けたり空調を使うなどしてタバコの煙が車内に滞留せずに外に排出されるようにすれば、喫煙による車内の劣化を最小限に止め、査定に与えるマイナスの影響を抑えることができます。

しかし、この方法はベイプを使う方法より確実ではありません。

喫煙車の査定額は禁煙車よりもどれくらい低くなるか

喫煙して怒られるおっさん
喫煙者の査定額が禁煙車のそれよりもどれくらい低くなるかということは、買取店によっても異なります。

買取店によっては、それが1万円~2万円というところもありますし、5万円から10万円というところもあります。

同じ喫煙車でも、ドアを開けた瞬間に強い煙草臭がする場合と、ほとんど煙草臭がしない場合では、査定額に与えるマイナスの金額も当然に変わってきます。

結局のところ、喫煙者であることが査定与えるマイナスのはっきりした影響は、実際に査定を申し込んでみないと分かりません。

VAPE(ベイプ)なら査定に影響しない

走行距離が長く年式も古い軽自動車などは車両本体の評価額が数万円~40万円程度なので、喫煙車と禁煙車の違いはせいぜい数万円程度となりますが、普通車の中古車の場合で標準的な喫煙車と禁煙車の価格差は10万円程度です。

新車の価格が1,000万円程度もする高級車となると喫煙車というだけで評価額が数十万円も下がることがあります。

電子タバコ(ベイプ)はニコチンやタールが排出されませんので、運転する方が車内で常にベイプを使っていた場合には、その車両は禁煙車扱いになります。

査定の際に喫煙車の評価額が大きく減点される原因は車内のヤニによる汚れやタバコ臭ですが、ベイプの場合にはこういったものが残らないので評価減の対象にはなりません。

喫煙車の査定額が低くなる理由

車内の汚れ臭いは、当然、査定の対象となります。

禁煙車は、車内に容易に取れない煙草臭がしみ込んである場合が多いので、マイナス査定を受ける可能性が高まります。

特に、ドアを開けた瞬間、結構きつい煙草臭がある場合には、相当な金額のマイナス査定を受けます。

また、常時車内で喫煙をしていると、シートに煙草の焦げ跡がつく可能性が高くなりますが、それらがあると、当然、査定額は下がります。

喫煙者を少しでも高く売る方法

車とお金
車内の煙草臭が査定にマイナスの影響を避けるために、専門業者にクリーニングを依頼する方法もありますが、そこまでする必要はありません。

その理由は、専門業者に依頼すると30,000円から5万円の料金がかかりますが、それによって、査定額をその料金以上に上げることができる保証はどこにもないからです。

もちろん、新車で買った高級車を購入後1年や2年で売りに出す場合には、専門業者に依頼して煙草臭を消すと、査定額が大きくアップするケースもあるでしょう。

しかし、基本価格自体がそれほど大きくない中古自動車の査定の場合には、煙草臭を消しても査定額の大幅UPは期待薄で、そのまま査定に出した方が売却による収入が大きいということがほとんどです。

ただし、何もしないよりは、査定の数か月前から車内で禁煙し、煙草臭を取る専用の消臭剤をセットしておくことは、1,000円程度の費用しか掛からないので、負担の少ない有効な方法です。

自動車に染み付いた煙草臭は、簡単には除去できないのが通例ですが、できれば、査定士がドアを開けた瞬間に、鼻を付く煙草臭があると、その場でマイナス査定を付けられるので、できるだけ避けたいものです。

煙草臭除去専用の消臭剤をセットしておくことは、その目的のために有効な方法となります。

また、査定前に車内清掃を丁寧に行うことも、車内の煙草臭の除去に役立ちます。

車の査定までを考慮した喫煙の注意点について

査定の時に車内の天井に黄色いタバコのヤニによるシミがあったり、容易には消せないタバコ臭があると、査定額は大きく下がります。

車両本体の評価額が大きくない場合には喫煙車であることによる査定額のマイナスは数万程度ですが、車両本体の評価額の大きい車となると喫煙車というだけで数十万円も査定がマイナスになることもあります。

自動車の査定までを考えた場合タバコはできるだけ電子タバコとすることが望まれます。

ヤニやタールを外部に排出しない電子タバコだと査定の際に禁煙車扱いとできます。

普通のタバコを吸う場合には、喫煙時に窓を開けるとか空調を使ってタバコの煙が常時外部に排出されるようにすることで、査定に与えるマイナスの影響を最小限にとどめることができます。