査定基準

中古車査定では走行距離が少ない方が高額査定となる

コンパクトカー

中古車査定においては、車種、年式、走行距離の3つの要素が非常に大きな意味を持ちます。

この3要素のうちの1つである走行距離に関しては、走行距離が短ければ短いほどより高い査定額が付くという傾向があります。

中古車市場での、走行距離に関する3つの壁

中古車市場では、走行距離に応じて3万キロの壁、5万キロの壁、10万キロの壁の3つの壁があると言われています。

最初の3万キロの壁とは、走行距離が3万キロを超えると、評価額が急速に下がることを意味します。

それは、走行距離が3万キロ未満の車であれば、準新車として扱われるのに対して、それが3万キロを超えてしまうと、準新車ではなく、本当の中古車扱いとなるからです。

次の5万キロの壁とは、走行距離が5万キロを超えると、評価額が急速に下がることを意味します。

これは、走行距離が5万キロ未満であれば、中古車でも新しい車というイメージがありますが、5万キロを超えてしまうと、使い古しの古い中古車というイメージが湧くようになるからです。

最後の10万キロの壁とは、査定額が付くのは走行距離が10万キロ未満の中古車であり、走行距離が10万キロを超えると、0円査定となることが非常に多くなることを意味しています。

中古車扱いできるのは走行距離が10万キロまでで、それ以上の車は中古車というよりも廃車だというイメージです。

買取店の査定額は、中古車市場での車の評価に連動する

買取店が行う査定額も、上記の中古車市場での評価基準を反映しますから、それぞれ、走行距離が3万キロ、5万キロ、10万キロで査定額の急変化が起こります。

当然、走行距離が長くなれば長くなるほど、査定額にはマイナスの影響を与えますから、査定額はより低くなります。

買取店は、買い取った自動車を中古車市場で販売するわけですから、中古車市場でより高く売れそうな車には、より高い査定額を付け、反対に、中古車市場で低い価格でしか売れそうにない車は、より低い査定額で買い取ろうとするのは当然のことです。

走行距離が少ないほど査定額が高くなるもう1つの理由

車の査定
買取店が行う査定は、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が定める査定基準にしたがって行われます。

この基準では、査定対象の自動車の車種、年式、走行距離にもとづく基本価格に、ボディのキズや凹み、エンジンの調子、内装の状態などによる加算や減算を行い、最終的な査定額を決定します。

しかし、査定額のおおよその水準は、査定対象の自動車の車種、年式、走行距離ごとに協会が定める算定基準価格表によって、査定前にすでにだいたいの水準が決められています。

協会が定める算定基準価格表では、車種と年式が同一の場合、走行距離が少なければ少ないほど、より高い査定額となるように設定されています。

したがって、その他の条件が同一だとすると、走行距離が少なければ少ないほど、査定額がより高くなります。

走行距離が少ないと査定額が高くなるのは自然の道理

すべての機械や構造物は、時間が経過すればするほど、そして、使用すればするほど、摩耗して、その価値を減じていく傾向があります。

自動車も例外ではなく、走行距離が長くなることは、それだけ長い間自動車を運転したことになるわけですから、その分摩耗が進み、その価値を減じてゆきます。

摩耗が進み、価値が減じると、評価額が下がるのは当然のことです。

走行距離が長くなれば長くなるほど、査定額が減じていくということは、こういった観察によっても明らかにできます。

多走行車は査定額が減額される

オドメーター
普通の自動車ユーザーが1年間に走る自動車の走行距離は約10,000キロだと言われています。

多走行車とは、1年間に走る走行距離が平均的な走行距離である10,000キロを超えるような車のことをいいます。

たとえば、経過年数が3年の車でも、走行距離が5万キロ以上ある場合には、1年間の平均走行距離が1万キロを超えていますから、多走行車に該当することになります。

多走行車は、普通の車と比較して、時間の経過による車の摩耗が激しいと考えられますから、査定額がより安くなります。

仕事や通勤の関係で、車の走行距離を調整することが困難だという場合は別として、車の走行距離を調節できるのであれば、将来の買取査定のことを考えた場合、1年間の走行距離を10,000キロ以内に抑えることにより、多走行車に該当することを避ければ、その分査定額のアップが期待できます。

どの走行距離の段階で、ユーザーは車の買い替えを行っているか

ある調査によると、車の買い替えのタイミングとして一番多いのは、走行距離が25,001キロから5万キロの段階、次に多いのが、走行距離が50,001キロ~75,000キロの段階、3番目に多いのが、走行距離が0キロから25,000キロの段階となっています。

走行距離が10万キロが買い替えの目安という話はよく聞きますが、意外にも、多くの方々が比較的早い段階で車の買い替えを行っていることを、この調査は明らかにしています。

買取店からすると、走行距離が25,001キロから5万キロの段階の中古車が一番よく回転するわけですから、この走行距離の段階にある中古車を欲しがる傾向があり、当然、この走段階にある車には高額査定が付きやすくなります。

愛車を最高額で売るには車買取り一括査定で!

車買取りの一括査定サービスを利用すれば、愛車を最高額で買い取ってくれる買取業者を簡単に見つけることができるんです!ディーラーに下取りに出すよりも平均で16万円高く売れるそうです。あなたの愛車も一括査定に出せば高く売れるかもしれません!申し込みはカンタン45秒、無料でお気軽にお試しいただけます。見積もり結果はメールですぐに届きます。一括査定で愛車を最高額で売ってみませんか?
ズバット車買取比較
ズバット車買取比較はインターネットを活用した車の一括査定のカテゴリーを創設した、この分野のパイオニア的な存在です。運用実績が14年間で利用者が約150万人と素晴らしく、業界内では強力なネームバリューを維持しています。査定前に査定依頼を出す業者を選択することも可能です。